第46回東京モーターショー2019 特集
ニュース
» 2019年10月29日 07時30分 公開

東京モーターショー2019:未来の大型トラックはサメになる!? ウォークスルーできるEVトラックも

いすゞ自動車は、「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、大型トラック「ギガ」の最新モデルや電動小型配送車「エルフEV ウォークスルーバン」、次世代の大型トラックをモチーフとしたショーモデル「FL-IR」を参考出品として世界初披露した。

[松本貴志,MONOist]

 いすゞ自動車は、「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、大型トラック「ギガ」の最新モデルや電動小型配送車「エルフEV ウォークスルーバン」、次世代の大型トラックをモチーフとしたショーモデル「FL-IR」を参考出品として世界初披露した。

大型トラック「ギガ」の最新モデル(クリックで拡大)

 新型ギガは先進安全機能を大幅に強化した。短距離ミリ波レーダーによるブラインドスポットモニターや、プリクラッシュブレーキにおける歩行者や自転車への対応、可変配光型LEDヘッドランプなどによりドライバーの安全運転に貢献する。また、全車速ミリ波車間クルーズや新ハイルーフキャブなども新たに採用し、ドライバーの疲労軽減へつなげる。いすゞのテレマティクスサービスである「MIMAMORI」の車両コンディション項目を拡充し、安全装置の作動状況もモニタリングできる。

 新型ギガに搭載されるエンジンは排気量9839ccの直列6気筒ディーゼルエンジン「6UZ1-TCS」。電子制御式コモンレールシステムによって燃料が供給され、最大出力は279kW(380馬力)/1800rpm、最大トルクは1814Nm(185kgm)/1000〜1200rpm。変速機は電子制御式自動変速機能「スムーサーGx」を搭載する前進12段、後退2段のMJX12となる。重量車モード燃費値は4.25km/l(リットル)だ。現在、「市場投入に向け、開発を進めている」(いすゞ社長の片山正則氏)段階だ。

 エルフEV ウォークスルーバンは電気自動車(EV)の特性を生かし、運転席と荷室を一体とするウォークスルー構造を実現した。ドライバーの負担を軽減しつつ効率的な配送を可能とする、新たな商用車の姿を現したという。2020年代前半での実用化を目指す方針だ。リチウムイオン電池を搭載し、バッテリー容量は40kWh、80kWhの2タイプとなるとみられる。最大出力およびトルクは110kW、305Nm。満充電当たりの走行距離は50km以上、100km以上となり、最高速度は80km/hだ。CHAdeMOによる急速充電と普通充電に対応する。最大積載重量は2000kg。

電動小型配送車「エルフEV ウォークスルーバン」(クリックで拡大)
エルフEV ウォークスルーバンのスペック(クリックで拡大)

 また、エルフEV ウォークスルーバンでは同社初となる電子ミラーシステムを採用した。車両の全周囲を確認できる3Dサラウンドマルチビューを搭載し、ドライバーの周囲状況確認を支援する。

左:エルフEV ウォークスルーバンのサイド電子ミラー 右:エルフEV ウォークスルーバンのルーム電子ミラーに3Dサラウンドマルチビューが投影されている(クリックで拡大)

 ショーモデル「FL-IR」は2025年以降の実現を目指す、未来の大型トラックの姿を示したもの。魚類に見られる超音波による会話や行動習性と、未来のトラックが備えるコネクテッド機能や隊列走行の類似性に着目し、エクステリアはサメをモチーフとしたバイオデザインを採用した。レベル4の自動運転と後続無人隊列走行により、安全かつ高効率を実現する。手動運転、自動運転の運転モード変更によりダッシュボードが入れ替わるインテリアとし、シートはセンター配置であることが特徴だ。

ショーモデル「FL-IR」(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.