ニュース
» 2019年10月31日 13時00分 公開

車載ソフトウェア:車載LinuxオープンソースプロジェクトにSAICが加入、中国自動車メーカーとして初

Automotive Grade Linuxに、中国のSAIC Motorなど7社が新たに加盟した。中国の自動車メーカーの参加は初となる。

[MONOist]

 Automotive Grade Linux(AGL)は2019年10月10日、中国のSAIC Motorをはじめ、新メンバーとして7社が加盟したと発表した。中国の自動車メーカーの参加は初となる。

 AGLは、インフォテインメントから自動運転まで、あらゆる車載関連技術に対してオープンな共通ソフトウェアプラットフォームの迅速な開発と導入を目指す、Linuxベースのオープンソースプロジェクト。AGLには、自動車メーカーやサプライヤー、技術系企業などが参加し、日系企業も多く加盟している。

 今回、シルバーメンバーとしてSAIC Motorの加入が決定したことを受け、AGLは「中国とアジア市場へのAGLのグローバルエコシステム拡大を強化できる」と歓迎の意を表している。この他に、ブロンズメンバーとしてGerman Autolabs、KPIT、MontaVista、OTAinfo、OUTCERT、Ovo Automotiveの6社が加入する。

 今後AGLは、新メンバーとも協力して、継続的にAGLプラットフォームの機能を拡張し、新しいモビリティソリューションとコネクテッドカー向けアプリケーションをサポートしていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.