IIFES2019 特集
ニュース
» 2019年11月01日 14時00分 公開

IIFES2019:5GやAI、多指ハンドロボットで製造現場の将来像を描く――オムロン

オムロンは「IIFES2019」(2019年11月27日〜11月29日、東京ビッグサイト)に出展し、モノづくり現場の課題を解決する独自コンセプト「i-Automation!」をテーマに、AIやIoT、ロボティクス技術を融合させた製造業の課題解決を提案する。

[MONOist]

 オムロンは「IIFES2019」(2019年11月27日〜11月29日、東京ビッグサイト)に出展し、モノづくり現場の課題を解決する独自コンセプト「i-Automation!」をテーマに、AIやIoT、ロボティクス技術を融合させた製造業の課題解決を提案する。さらに、NTTドコモ、ノキアグループと行う5G(第5世代移動通信方式)活用実証実験で描く、製造現場の将来像なども披露する予定だ。

photo IIFES 2019 オムロンブース イメージ(クリックで拡大)出典:オムロン

人と機械が協調する生産ライン、AIコントローラーによる予兆保全

 注目の出展物の1つが、人と機械が協調する新しい生産ライン「セルラインコントロールシステム」である。これはブース内で柔軟性と生産性を両立させた生産ラインを再現したもので、人と機械が相互に協力し合うことで、人手不足や作業品質のばらつきを解消し、変種変量生産にも対応できることを示す。

 さらに、AIで熟練技能者のノウハウを再現し、異常を未然に検知する予知保全や、人手による目視検査の自動化などによる「学習する設備」を実機展示する(※)。2017年から展開する、現場型IoTサービス 「i-BELT」についても熟練技能者が持つ暗黙知をデータ化するなど、ユーザーの現場課題を解決してきた共創事例を紹介する。

(※)関連記事:AIで金型加工を自動制御、熟練工のノウハウを注入し加工時間を40%削減

ローカル5Gや多指ロボットなども用意

 NTTドコモ、ノキアグループと共同実証で取り組みを進めている、5Gを活用した未来の製造現場の様子なども紹介する。共同実証は2019年9月に発表し、オムロンの産業機器の主力工場である草津工場を中心に、生産ラインのレイアウト変更を柔軟かつ容易に行える「レイアウトフリー生産ライン」や、セル生産を行っている作業者に最適な作業手法をリアルタイムで伝える「AI/IoTによるリアルタイムコーチング」などを進めている(※)

photophoto レイアウトフリー生産ライン(左)とAI/IoTによるリアルタイムコーチング(右)(クリックで拡大)出典:オムロン

 さらに、東京大学石川研究室との共同研究で取り組む、多指ハンドを搭載した「AIロボット」を出展するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.