第46回東京モーターショー2019 特集
ニュース
» 2019年11月01日 09時30分 公開

東京モーターショー2019:EV・自動運転時代でブレーキはどうなる? 新たな「止まる」の在り方 (2/2)

[松本貴志,MONOist]
前のページへ 1|2       

アイシングループ

 アイシングループは、「電動パーキングブレーキ」やEV・プラグインハイブリッド車(PHEV)向けの「電子制御ブレーキシステム」を展示した。

 電動パーキングブレーキは電子スイッチでパーキングブレーキの作動、解除が可能で、ドライバーの操作負担を軽減できる。また、ブレーキ操作や解除忘れをシステム側で抑止するとともに、運転席周りの設計自由度を向上させるメリットがある。

アイシングループがが展示した電動パーキングブレーキ(クリックで拡大)

 電子制御ブレーキシステムは、機械式ブレーキと回生ブレーキを協調させドライバーが要求する制動力を提供しつつ、減速時の運動エネルギー回収を最も効率良く行うよう制御するシステム。EVやPHEVは、内燃機関車(ICV)のようにブレーキ倍力装置でエンジンの吸気負圧が利用できないため、同システムでは高出力かつ高応答の「アクティブハイドロブースター」によってブレーキ操作力を倍力する。

 回生ブレーキと機械式ブレーキの協調に関して、同社担当者は「回生ブレーキだけで減速させるのは難しい。減速加速度が0.3Gを超えると急ブレーキに感じると良く言われるが、回生ブレーキだけでは減速加速度の調整が困難だ。細やかな減速の調整を行うには、これからも機械式ブレーキも必要だろう」との意見を述べた。

アイシングループが展示した電子制御ブレーキシステム(クリックで拡大)

日信工業

 日信工業は電動ディスクブレーキ用のブレーキキャリパー「e-CALIPER」と、パーキングブレーキを電動化した機械式ドラムブレーキ「EPB DRUM BRAKE」を展示した。

日信工業が展示した電動ブレーキキャリパー「e-CALIPER」(クリックで拡大)

 本格的に到来するEV時代に備え、日信工業はNTNと電動ブレーキの共同開発を進めている。e-CALIPERはNTNが開発した電動ブレーキユニットに対応する片押し式キャリパー。同社が得意とする油圧ディスクブレーキの知見を生かして開発を進めている。EPB DRUM BRAKEは制動時に油圧を用い、パーキングブレーキで電動を用いるドラムブレーキだ。

 e-CALIPERは「2022年の開発完了が目標」(日信工業担当者)としている。また、EPB DRUM BRAKEは既に開発を完了済みで、「ドラムブレーキの採用が多い軽自動車など低コストが求められる車両においても、電動パーキングブレーキを装備したいというニーズに応えたもの」だとした。

日信工業が展示したEPB DRUM BRAKE(クリックで拡大)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.