ニュース
» 2019年11月05日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:可視光と近赤外線を同時撮影できるグローバルシャッター搭載CMOSセンサーを発売

キヤノンは、グローバルシャッター機能搭載の2/3型CMOSセンサー「3U5MGXSBAI」を発売した。可視光域と近赤外線域で同時に撮像可能で、高速移動する被写体にも対応し、産業用撮像システムや検査装置の小型化に貢献する。

[MONOist]

 キヤノンは2019年10月17日、グローバルシャッター機能を搭載した、2/3型CMOSセンサー「3U5MGXSBAI」を発売した。可視光域と近赤外線域での同時撮像が可能で、高速移動する被写体にも対応。産業用撮像システムや検査装置の小型化に貢献する。

photo グローバルシャッター機能搭載のCMOSセンサー「3U5MGXSBAI」 出典:キヤノン

 全画素を同時に露光するグローバルシャッター方式を採用し、高速で動く被写体もゆがみなく正確に形状を撮像する。カラーフィルターの1画素を近赤外線域用に割り当てているため、1つのセンサーでカラー画像と近赤外線画像を同時に取得できる。有効画素数は約532万画素(2592×2056)で、画素サイズは3.4×3.4μmとなる。

 ダイナミックレンジは優先モード時に73dBで、明暗差の大きい状況でも高画質での撮像が可能だ。最大8領域のROI(Region of Interest:対象領域)機能、外部トリガー露光制御機能、水平・垂直反転機能など、産業用途の画像認識で必要な機能を搭載している。

 一度の撮像でカラー画像と近赤外線画像が得られるため、複数台のカメラを用いた大規模なシステムを構築する必要がない。食品工場での異物混入検査や、車両情報の監視をはじめ、精密農業、生体・医療分野での利用が期待される。

photo 利用例(クリックで拡大) 出典:キヤノン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.