ニュース
» 2019年11月06日 06時30分 公開

3Dプリンタニュース:ストラタシス、産業グレードの新たな熱可塑性プラスチック材料を発表

ストラタシス・ジャパンは、耐久性、耐熱性、耐薬品性を備える産業グレードの新たな熱可塑性プラスチック材料を発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 ストラタシス・ジャパンは2019年10月29日、耐久性、耐熱性、耐薬品性を備える産業グレードの新たな熱可塑性プラスチック材料を発表した。

 今回発表の新材料は、シリーズ最大造形サイズを誇る産業用FDM(熱溶解積層)方式3Dプリンタ「Stratasys F900」(以下、F900)向けの「Antero 840CN03」、産業用小型FDM方式3Dプリンタ「Stratasys F370」(以下、F370)向けの「Diran 410MF07」および「ABS-ESD7」の3種である。

「Stratasys F900」向けの新材料「Antero 840CN03」

 F900向けのAntero 840CN03は、ストラタシスが独自開発するAntero高性能ポリマーのポートフォリオにおける2番目のPEKKベースポリマーで、Arkema(アルケマ)の「Kepstan PEKK技術」を活用している。機械特性、化学薬品特性、静電気放電(ESD)特性に優れ、従来工法で製造される高コストな最終製品のパーツの置き換えや、薬品、オイルなどを使用する過酷な環境での利用に適しているという。また、ESD特性を備え、強靭(きょうじん)かつ軽量なパーツを必要とする航空宇宙、産業アプリケーションなどにも最適だとする。

「Stratasys F370」向けの新材料「Diran 410MF07」「ABS-ESD7」

 F370向けのDiran 410MF07は、ストラタシスが開発した重量比7%の鉱物を含有するナイロンベースの新材料だ。炭化水素ベース化学薬品への耐性、滑り抵抗を低減する平滑表面に加え、極めて高い靭性と低摩擦性を提供する。優れた靭性と衝撃強度を備えることから、現場で手荒に扱われるようなツーリングアプリケーション、例えば治具/工具などの他、最終製品の造形にも適しているという。

「Diran 410MF07」で造形されたロボット用エンドエフェクタ 「Diran 410MF07」で造形されたロボット用エンドエフェクタ。優れた靭性と衝撃強度を備えており、手荒な取り扱いにも耐えられるという(「ストラタシス 3Dプリンティングフォーラム 2019」の展示会場にて撮影) [クリックで拡大]

 同じくF370向けのABS-ESD7は、静電気防止特性のある熱可塑性プラスチック材料で、これまでFortusシリーズのみで利用可能だったもの。静電気の発生を抑制し、電気を帯びた際はゆっくりと放電する静電気拡散性を備え、粉末、粉じん、微粒子といった他材料への放電や誘引を防止する。静電気に敏感なアプリケーションに最適で、低コストでの造形が可能だとする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.