ニュース
» 2019年11月08日 07時00分 公開

FAニュース:生産コストを高精度に予測する技術、生産性や環境負荷を反映して最適化

三菱電機は、「環境配慮型生産コストシミュレーション技術」を開発した。生産性、エネルギー効率、環境負荷を反映した生産コストを高精度に予測できるため、生産計画者はこの予測を基に最適な生産計画や設備稼働計画を立案できる。

[MONOist]

 三菱電機は2019年10月23日、「環境配慮型生産コストシミュレーション技術」を開発したと発表した。工場の設備構成と、設備ごとの生産性やエネルギー効率、環境負荷をパラメーター化し、シミュレーションによって金額ベースの生産コストを高精度に予測する。

 生産コストを予測する従来の技術に、電気、水、ガスの消費量、資源を過剰に使用した場合の罰則、環境対策への報奨金などをパラメーターに含めることで、より現実に近い金額を算出できる。

 生産コストの予測をもとに、事前に生産計画や設備稼働計画を立てられるため、生産計画立案者は、生産性、エネルギー効率、環境負荷を最適なバランスで考慮した計画の立案が可能になる。

 さらに、生産計画者だけでなく、エネルギーや環境分野の担当者も参加し、三者で統一指標としての生産コストを基に議論することで、生産改善を加速できる。

 同社は今後、この環境配慮型生産コストシミュレーション技術を、環境対策が急速に進む中国の製造業に提供すべく、同技術を活用したソリューションを開発する。

photo 「環境配慮型生産コストシミュレーション技術」とその構成要素(クリックで拡大) 出典:三菱電機

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.