特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2019年11月07日 07時00分 公開

スマートファクトリー:マクニカとアルベルトがスマート工場向けで資本業務提携、100億円規模目指す (2/2)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2       

スマート工場のAI活用について、3つのポイントで協業

 両社の具体的な協業内容は以下の3つとなる。

  1. シーメンスのIoT基盤「MindSphere」をベースとした、マクニカの製造業向けプラットフォーム上のアプリケーション共同開発
  2. 製造業顧客の個別AIプロジェクトにおけるコンサルティング、データ分析、アルゴリズム開発、システム実装などのサービス提供
  3. AIに関する市場啓蒙活動
photo マクニカが展開する製造業向けIoTプラットフォーム。エッジで活用するAIと、「MindSphere」上で使うクラウドAIの両方でアルベルトと協業する(クリックで拡大)出典:マクニカ

 マクニカは2019年9月にシーメンスと提携し「MindSphere」の日本での代理店となったが、「MindSphere」を選んだ理由について、マクニカ イノベーション戦略事業本部長 佐藤篤志氏は「さまざまなIoT基盤を検証したが、AIやIoTの導入は1度で終わらず継続性が重要である。ドイツのインダストリー4.0の中核企業であるシーメンスは、その事業の核にMindSphereを位置付けている。そのため継続的にプラットフォームとして発展が見込めると考えた。自社でプラットフォームを開発するよりもコストや負担などなしに安定したソリューションを提供できる。またデジタルツインなどその他の領域でも協業が見込める」などの理由を挙げている。

 マクニカではスマートファクトリーへの提案としてアナログデータなどを集約してデジタル化しクラウドなどに送ることができるエッジコンピューティング端末「SENSPIDER」を展開しているが、今後は同端末に組み込むAIなどもアルベルトと共同開発する。さらにマクニカでは「macnica.ai」としてAI事業の拡大を2019年1月に打ち出し「5年で300億円」の目標を掲げている(※)が、今回のスマートファクトリー事業はこの300億円に含まないという。原氏は「スマートファクトリー事業単体で3〜5年後に100億円規模を目指したい」と語っている。

(※)関連記事:AI関連の売上高10倍を目指すマクニカ、センサーからデータ処理までを包括提供

photo マクニカのスマートファクトリー提案のイメージ(クリックで拡大)出典:マクニカ
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.