2019 国際ロボット展 特集
ニュース
» 2019年11月08日 13時00分 公開

CADニュース:新たにフレキシブル構成部品を追加した、SOLIDWORKSの最新版を発表

Dassault Systemesは、「SOLIDWORKS」の最新版「SOLIDWORKS 2020」と「3DEXPERIENCE.WORKS」ポートフォリオの新ソリューションを発表した。SOLIDWORKS 2020では「ディテイリング」モードが強化され、「フレキシブル構成部品」が追加された。

[MONOist]

 Dassault Systemes(ダッソー)は2019年10月23日、3次元設計ソリューション「SOLIDWORKS」の最新版「SOLIDWORKS 2020」を発表した。また同日、「3DEXPERIENCE.WORKS」ポートフォリオの新ソリューションも追加した。

 SOLIDWORKS 2020では、「ディテイリング(詳細設定)」モードが強化され、図面を数秒で開いて、図面内で注釈を追加編集できるようになった。これにより、大規模アセンブリの図面や複数シート、膨大なリソースビューで構成される図面への修正が容易になる。

photo ディテイリングモード(クリックで拡大) 出典:Dassault Systemes

 新機能として、「フレキシブル構成部品」を追加。同じアセンブリ内では、同じ部品を異なる条件下で表示できる。例えば、同じスプリング(ばね)を、圧縮と非圧縮の2つの条件下で2回使用可能だ。スプリング以外にも、蛇腹や蝶番、オーリングなど条件変更が可能な部品に応用して、多様な設計に生かせる。

photo 新機能のフレキシブル構成部品(クリックで拡大) 出典:Dassault Systemes

 また、SOLIDWORKS PDMも機能を強化した。SOLIDWORKS ElectricalコネクターとSOLIDWORKS PCBコネクターを用いて、エレクトロニクスおよび機械設計において、バージョン管理を含むデータ管理が可能になった。これにより、E-CAD、M-CAD両チームが緊密に連携できる。

 3DEXPERIENCE.WORKSポートフォリオの主な新ソリューションは、Sub-DモデリングのxShapeアプリケーション「3D Sculptor」、パラメトリックモデリングのxDesignアプリケーション「3D Creator」、データを管理する「3D Component Designer」、プロジェクト管理の「Project Planner」、高度な非線形シミュレーションが可能な「Structural Professional Engineer」だ。

 これらが加わったことで、SOLIDWORKSの使いやすさはそのままに、3DEXPERIENCEプラットフォームと連携して、設計から製造までのプロセスを統合的に管理できるようになった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.