ニュース
» 2019年11月08日 12時00分 公開

FAメルマガ 編集後記:世界で最も進んだスマートファクトリーは何が特別なのか

決して負けていないと思うのです。

[三島一孝,MONOist]

 この記事は、2019年11月8日発行の「FA メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。

世界で最も進んだスマートファクトリーは何が特別なのか

 「世界で最も進んだスマートファクトリー」というとどういうイメージを持つでしょうか――。実は、取材したタイミングからは少し間が空いてしまったのですが、フランスのSchneider Electric(シュナイダーエレクトリック)のル・ヴォードライユ(Le Vaudreuil)工場を取材させていただき、記事を掲載させていただきました。

 同工場は、2018年9月に世界経済フォーラム(WEF)によって、第4次産業革命をリードする世界で最も先進的な工場「Lighthouses(灯台)」の1つとして選ばれました。詳細については以下の記事(※)に譲るとして、世界最先端とされるスマートファクトリーはどういう点が一般的な工場と異なるのでしょうか。取材を通じて感じたことを紹介したいと思います。

(※)関連記事:最先端スマート工場の秘訣は日本式にあり? カギはスモールスタートとリーン製造

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.