まとめ
» 2019年11月11日 12時00分 公開

電子ブックレット(オートモーティブ):東京モーターショー2019会場レポート【自動車メーカー編】

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「東京モーターショー2019会場レポート(自動車メーカー編)」をお送りします。

[MONOist]

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「東京モーターショー2019会場レポート【自動車メーカー編】」をお送りします。

東京モーターショー2019会場レポート【自動車メーカー編】

ダウンロードはこちらから

 「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)に出展したたくさんの企業の中から、自動車メーカーのブースをレポートした記事(計13本)をまとめています。

ダウンロードはこちらから

【主な内容】

  • EV向け2モーター4WDや大型ディスプレイの統合HMI、コンセプトカーの外へ
  • 2020年代の大型トラックのコックピットとは?
  • 未来の大型トラックはサメになる!? ウォークスルーできるEVトラックも
  • 三菱ふそうの燃料電池トラックは「コンセプトカーだが走行可能」
  • 新型「レヴォーグ」は個性際立つデザインへ、新コンセプト「BOLDER」で大胆に
  • 三菱自動車がコンパクトPHEVにガスタービンエンジンを採用する4つの理由
  • 「走行距離650kmは足りない」、FCVの新型ミライが目指す安心感
  • 新型「フィット」搭載のハイブリッドシステムはなぜ「e:HEV」なのか

など、13本収録

・ブックレットは無料でお読みいただけますが、TechFactoryの利用登録および、メールマガジンの購読が必要です。
・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.