特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2019年11月12日 10時00分 公開

スマートファクトリー:ロボットの遠隔操作や配線レスを可能に、NECがスマート工場での5G活用を訴求

NECは、東京都内で開催したユーザーイベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2019」(2019年11月7〜8日)において、スマート工場における5G活用の価値を訴求した。

[三島一孝,MONOist]

 NECは、東京都内で開催したユーザーイベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2019」(2019年11月7〜8日)において、スマート工場における5G活用の価値を訴求した。

photo 「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2019」における「NEC DX Factory empowered by 5G」での5G基地局装置とsXGP対応アクセスポイント。ただ今回は実際に5Gでデモを行ってはいない(クリックで拡大)

工場でのローカル5G活用への期待

 5Gは、最大10Gbpsの高速通信、1ms以下の低遅延、1km2当たり100万台の多数同時接続など、従来の4Gにない特徴を備えている。日本では2019年9月からプレサービスが開始され2020年春から商用サービスが開始される予定となっている。産業領域では、通信キャリア以外の事業者が、独自の基地局を設置して5Gを活用する「ローカル5G」への期待が高まっており、特に工場向けの用途では大きな関心を集めているところだ(※)

(※)関連記事:プライベートLTEからローカル5Gへ、ドイツの製造業は進化を止めず

 NECでは工場向けローカル5Gに向け、「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2019」会場に、共創型体験スペース「NEC DX Factory」のスマート工場デモラインを持ち込み「5Gを工場でどう活用するのか」について以下の4つのポイントで訴求した。

  1. ロボットの遠隔操作、遠隔ティーチング
  2. AGV(無人搬送車)の操作
  3. 配線レス(無線化)
  4. 制御機器のクラウド化

 1つ目の「ロボットの遠隔操作、遠隔ティーチング」については、同社のデモライン「NEC DX Factory」において、ロボットを遠隔ティーチングする様子を示した。デモでは、ロボットの動きとワークをカメラで撮影し、それをスマートグラスにより遠隔地の作業員が監視。実際のロボットの動きを見ながら設定を行うというものである。

 NEC ものづくりソリューション本部 兼 サプライチェーン統括本部 技術主幹の北野芳直氏は「5Gが普及すればさまざまな場所で映像や音声などの非構造化データを活用できるようになる。映像を使ったロボットの遠隔監視や遠隔ティーチングなども現実的なものになるだろう」と語っている。

photophoto (左)「NEC DX Factory」内のロボット。上部の2つのカメラで動きを把握する、(右)ロボットの操作パネルとカメラ映像。スマートグラスで確認しながらロボットの設定などを行える(クリックで拡大)

 今回の展示会場では実際に5Gの電波を流すことはできなかったというが「2019年初には、NEC玉川事業場の体験スペースにおいて5Gの実証実験を開始する予定だ」(北野氏)としており、その価値や課題などを洗い出す方針である。

 その他、5GでのAGV操作や、生産ラインの配線レス化などについても検証を進めていくとしている。また将来的には「制御機器の一部をクラウドに置き、遠隔操作するようなことも可能になる。他のユースケースよりは後になると思うが、可能性を探っていく」(北野氏)としている。

photo NECが5Gの実証用に開発した小型のAGV。Raspberry Piで制御しているという(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.