ニュース
» 2019年11月14日 08時00分 公開

ドローン:ドローンを活用した橋梁点検サービス、デンソーが開始

デンソーが、同社のドローンを活用した橋梁点検サービスを開始する。現在、目視で実施している橋梁点検の一部をドローンによる撮影に替えることで、危険な作業や点検車使用による交通渋滞を減らす。さらに撮影画像の解析や調書作成まで支援する。

[MONOist]

 デンソーは2019年10月29日、同社のドローンを活用した橋梁点検サービスを開始すると発表した。現在、目視で実施している橋梁の点検の一部をドローンによる撮影に替え、撮影画像の解析や調書の作成まで支援する。

 同サービスにより、点検士がロープなどで橋梁に近づいて、目視点検するような危険な作業を低減できる。橋梁点検車の使用による交通規制で、渋滞が発生することも少なくなる。

photo デンソーのドローンを活用した橋梁点検支援の特徴(クリックで拡大) 出典:デンソー

 また、デンソー独自の損傷AI(人工知能)解析システムでは、ドローンが撮影した大量の写真の中から、橋梁の損傷箇所を自動検出して橋梁の図面上に損傷図を作成するため、損傷箇所を正確に把握できる。

 同年3月に国土交通省が「橋梁定期点検要領」を改定し、近接目視による点検をロボット技術で補完・代替できる環境が整い始めている。デンソーは2016年に可変ピッチプロペラを搭載した耐風性、安定性に優れる産業用ドローンを開発。2017年からは、ドローンを用いた橋梁の撮影や、AIによる撮影画像の解析実証を積み重ねており、今回の改定を受けてドローンによる橋梁点検サービスの開始に踏み切った。

photo デンソー製ドローン(クリックで拡大) 出典:デンソー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.