ニュース
» 2019年11月18日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:EV時代対応の車載電子機器および装置のテストラボを新設

沖エンジニアリングは、群馬県伊勢崎市に開設した「群馬カーエレクトロニクス テストラボ」の稼働を開始した。EV化で需要が急伸している車載電子機器や装置の長期信頼性試験の受託サービス体制を強化する。

[MONOist]

 沖エンジニアリングは2019年11月1日、群馬県伊勢崎市に開設した「群馬カーエレクトロニクス テストラボ」の稼働を開始した。EV化により需要が急伸している車載電子機器や装置の長期信頼性試験の受託サービス体制を強化し、自動車分野における売上高の前年比15%増を目指す。

photo 「群馬カーエレクトロニクス テストラボ」の内部 出典:沖エンジニアリング

 同ラボは、2017年に設立した埼玉県本庄市の「カーエレクトロニクス テストラボ」(本庄ラボ)に続く、第2の車載電子機器の信頼性試験サービス拠点となる。ITの活用により本社ラボ(東京都練馬区)や本庄ラボなどの遠隔地から試験対象品の状態監視、試験設備の稼働状況や測定データの取得、分析を行い、少人数で24時間365日運用する「スマートテストラボ」として稼働する。

 主な試験設備は、大型熱衝撃試験装置、熱衝撃試験装置、恒温恒湿槽装置など。まず、エンジンの寿命を想定した約3000時間の長期信頼性加速試験(温湿度試験、熱衝撃試験)について稼働を始める。

 今後3年間で設備導入を進め、減圧試験、耐候性試験、ガス腐食試験、塩水噴霧試験などの長期信頼性試験をサービスメニューに追加していく予定だ。また、半導体デバイスを評価、解析を行う本社ラボと連携し、顧客製品の高品質化を支援する。

photo 開所式の様子 出典:沖エンジニアリング

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.