ニュース
» 2019年11月18日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:FPGAアクセラレーターソリューションの検証用プラットフォームの無償提供開始

マクニカ アルティマ カンパニーは、「インテル FPGA PAC」を使用したソリューションの導入支援のため、検証用プラットフォーム「FPGA アクセラレーション・ラボ」の無償提供を開始した。

[MONOist]

 マクニカの社内カンパニーであるアルティマ カンパニーは2019年11月1日、インテルのFPGAアクセラレーターカードに対応した検証用プラットフォーム「FPGAアクセラレーション・ラボ」の無償提供を開始した。「インテル プログラマブル・アクセラレーション・カード(インテル Arria 10 GX FPGA搭載版)」(インテル FPGA PAC)を使用したソリューションの導入を支援する。

photo 「FPGA アクセラレーション・ラボ」によるシステム検証イメージ(クリックで拡大) 出典:マクニカ

 インテル FPGA PACは、サーバやデータセンター向けの汎用性の高いFPGAアクセラレーションカードだ。アプリケーション開発者とアクセラレーター機能開発者の両方に、共通の開発インタフェースを提供する。

 ユーザーは、インテル FPGA PACとワークロードに応じたソリューションを組み合わせたシステムを導入することで、システムにかかるTCO(Total Cost of Ownership)を大幅に削減できる。また、FPGA アクセラレーション・ラボの提供により、事前にシステムの導入効果と使用感の確認もできる。

 現在、FPGA アクセラレーション・ラボでは、Swarm64 ASが提供するデータベース高速化ソリューション「S64DA」が利用できる。S64DAはPostgreSQL、MariaDB、MySQLなどのリレーショナルデータベースにシームレスにアドオン可能で、大規模データもほぼリアルタイムに処理できる。

 今後は、bigstreamの「Apache Spark」など他社のソリューションにも対応する予定。データ分析、メディア処理、ゲノム解析など、ビッグデータの高速処理を支援する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.