ニュース
» 2019年11月20日 09時00分 公開

製造ITニュース:工程を超えたトレーサビリティやデータ共有を強化するクラウドサービス

東芝デジタルソリューションズは、サプライチェーンを横断したトレーサビリティやデータ共有を実現するクラウドサービス「製造業向けIoTサービス Meister Cloud」シリーズを2019年12月上旬に発売する。

[MONOist]

 東芝デジタルソリューションズは2019年11月1日、サプライチェーンを横断したトレーサビリティやデータ共有を実現するクラウドサービス「製造業向けIoTサービス Meister Cloud」シリーズを、同年12月上旬から販売開始すると発表した。デジタルツインの統合データモデルと、工場および設備メーカー向けのアプリケーションやテンプレートを組み合わせ、従量課金のサブスクリプション方式で提供する。

photo 製造業向けのIoTソリューションサービス(クリックで拡大) 出典:東芝デジタルソリューションズ

 同シリーズは体系化された統合データモデルを採用することで、現場のIoT(モノのインターネット)データと基幹情報システムの業務データを組み合わせて活用できる基盤を提供。デジタルツインでの可視化や分析、シミュレーションなどを実施することでモノづくりの現場を支援する。

 また、複数の製造プロセスや拠点、サプライヤーを横断したトレーサビリティ機能や、さまざまなクラウド上のアプリケーションと連携する機能、設備、機器メーカーが出荷後の自社製品をリモートモニタリングできる機能など提供する。

 今回発売するサービスは、製造工程をスルーした製品のトレーサビリティや、製造状況の変化点の5MIEを可視化する「ものづくりIoTクラウドサービス Meister ManufactX」と、設備メーカーからの機器の遠隔監視や運用の最適化を支援する「設備メーカー向けアセットIoTクラウドサービス Meister RemoteX」の2種類。製造業で実績のあるアプリケーションやユーザーインタフェーステンプレートを提供し、目的に応じて最適なモジュールを組み合わせて活用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.