ニュース
» 2019年11月26日 11時00分 公開

組み込み採用事例:野球の投球、打球をリアルタイム解析するデバイスの開発に協力

Shiftallは、野球の試合映像を入力するだけで、投球や打球をリアルタイムで解析できるトラッキングデバイス「Baseboy Deck」の開発に協力したと発表した。

[MONOist]

 Shiftall(シフトール)は2019年11月11日、野球の投球や打球の映像をリアルタイムで解析できるデバイス「Baseboy Deck」の開発に協力したと発表した。

photo トラッキングデバイス「Baseboy Deck」 出典:Shiftall

 Baseboy Deckは、大阪大学発のベンチャーQonceptの画像処理技術「Baseboy」を搭載するトラッキングデバイスだ。野球の投球や打球の映像をリアルタイムで解析し、ボールの軌跡にCGを重ねてAR(拡張現実)表示する。Shiftallは同デバイスの開発に関して、仕様の策定から設計にわたって協力した。

photo 「Baseboy Deck」の映像イメージ 出典:Shiftall

 Baseboy Deckは、ボールの曲がり方や落ち方をリプレイ表示できるほか、スピードガンなどの専用器具がなくても球速を測定できる。試合前にボールの検出について設定しておけば、ほぼ無人の状態で運用可能だ。

 試合映像を入力するだけでCGを重ねたボールの軌道映像を自動で出力できる仕様なので、機器構成をシンプルにできる。また、タッチ操作が可能な11インチのディスプレイを採用したことで、操作しやすくなっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.