IIFES2019 特集
ニュース
» 2019年12月03日 11時00分 公開

IIFES2019:工場データの活用進める安川電機、モーション情報を統合する新コントローラー披露 (2/2)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2       

「アイキューブメカトロニクス」によるデータドリブン工場を披露

 IIFES2019の会場では、これらの「YRMコントローラー(仮称)」を含め、各種戦略機器やソリューションを組み合わせ、デモラインでの製造状況をリアルタイムにデータ化し、それを「見える化」する様子を示した。

photo 安川電機がIIFESで示したデモラインの様子。プレス加工セルのは以前、加工、移載、検査を行っている(クリックで拡大)

 現場の情報は、MECHATROLINKを経由して「YRMコントローラー(仮称)」に集約。「YASKAWA Cockpit」とのやりとりで必要な情報を「見える化」する一方で、データ分析を行い、フィードバックが必要な制御情報については「YRMコントローラー(仮称)」を経由して現場の制御に戻すという仕組みである。

photo IIFESのデモラインにおける構成(クリックで拡大)出典:安川電機

 これらの仕組みにより、デモラインでは、さまざまな加工情報をリアルタイムに取得することができる。会場内には数多くのディスプレイが展示され、「YRMコントローラー(仮称)」と「YASKAWA Cockpit」により、さまざまな情報が表示できることを紹介していた。「YRMコントローラー(仮称)」は2021年中の発売を予定しており、今後は「技術のチューニングやより具体的な活用方法の開発などを進めていく」(担当者)としている。

【訂正】安川電機の申し入れにより、初出時から「YRMコントローラー(仮称)」の発売時期に関する表現を変更しました(2019年12月3日16時45分追記)。

photo 会場内にはデモラインのさまざまな情報を表示するディスプレイが設置されていた(クリックで拡大)出典:安川電機
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.