連載
» 2019年12月04日 10時00分 公開

“脱2次元”できない現場で効果的に3D CADを活用する方法(7):「モデリング」の基本を理解して3D CAD活用の第一歩を踏み出そう! (1/3)

“脱2次元”できない現場を対象に、どのようなシーンで3D CADが活用できるのか、3次元設計環境をうまく活用することでどのような現場革新が図れるのか、そのメリットや効果を解説し、3次元の設計環境とうまく付き合っていくためのヒントを提示します。今回は、より具体的な3D CAD活用の第一歩として「モデリング」の基礎について取り上げます。

[小原照記/いわてデジタルエンジニア育成センター,MONOist]

 前回は、3D CADを社内導入し、本格活用していくために不可欠な「人材育成」について取り上げました。今回は、より具体的な3D CAD活用の第一歩として「モデリング」の基礎について解説します。

モデリングとフィーチャーの関係、フィーチャーって何?

 3D CADで作成した形状のことを「3Dモデル」「3Dデータ」などと呼び、3Dモデル/3Dデータなどを作成することをモデリングといいます。

 一般的に3Dモデルの作成は、スケッチで2次元の輪郭(プロファイル)を作成し、それをフィーチャーで押し出したり、回転したりなどして立体化していきます。フィーチャーとは、モデルを作るための機能/コマンド(指令)のことで、その機能で出来上がった形状のことも指します。

図1 スケッチからフィーチャー(押し出し、回転)による立体化 図1 スケッチからフィーチャー(押し出し、回転)による立体化[クリックで拡大]

 フィーチャーには、スケッチなどのプロファイル(2次元の輪郭)から形状を作成するもの、3Dモデルの角に丸みを付けたり(フィレット)、面取りなどを行ったりして形状を修正するもの、フィーチャーをコピーしたり、形状を足したり、引いたりするものなどがあります。

図2 形状を作成するフィーチャーと形状を修正するフィーチャー 図2 形状を作成するフィーチャーと形状を修正するフィーチャー[クリックで拡大]
図3 その他のフィーチャー機能 図3 その他のフィーチャー機能[クリックで拡大]

 形状を作成するフィーチャーには、スケッチした断面を特定の方向に直線的に動かして形状を作成する「押し出し」、スケッチした断面を指定した軸を中心に回転させて形状を作成する「回転」、断面を指定したパスに沿って動かして形状を作成する「スイープ」、2つ以上の異なる断面をつないで形状を作成する「ロフト」があります。使用する3D CADソフトによって名前が違う場合もありますが、この4つが形状を作成するフィーチャーの基本となります。 

図4 筆者が使用している3D CADのフィーチャーメニュー例 図4 筆者が使用している3D CADのフィーチャーメニュー例[クリックで拡大]
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.