連載
» 2019年12月04日 10時00分 公開

“脱2次元”できない現場で効果的に3D CADを活用する方法(7):「モデリング」の基本を理解して3D CAD活用の第一歩を踏み出そう! (3/3)

[小原照記/いわてデジタルエンジニア育成センター,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

スケッチを使いこなす、3D CADのスケッチ機能は2次元設計もできる!

 スケッチは基本、平面に描いていきます。3D CADを使いこなすには、どこの平面に、どういったスケッチを描いてフィーチャー化して組み合わせていくかをイメージできるようになっていく必要があります。例えば、平面を作成し、そこにスケッチを描いてフィーチャーで立体化するなどのモデリングをしていきます。

図9 平面を活用した例 図9 平面を活用した例[クリックで拡大]

 一般的な3D CADソフトでスケッチを描いていく手順ですが、最初にスケッチを描く平面を指定します。次に線分をラフに描いて、平行や垂直などの幾何拘束、距離や角度などの寸法拘束を追加していくという流れになります。

図10 一般的なスケッチの手順 図10 一般的なスケッチの手順[クリックで拡大]

 3D CADで2次元設計はできないと思われている方もいますが、それは大きな誤解です。3D CADのスケッチ機能は2次元設計も可能で、3次元とのハイブリッド設計が行えるのです。

図11 3D CADのスケッチ機能を利用した2次元設計の例(パンチャー) 図11 3D CADのスケッチ機能を利用した2次元設計の例(パンチャー)[クリックで拡大]

3D CADを活用した新しい設計環境へ

 2D CADは、ドラフターをPCに置き換えて同じ図面を描きます。従来の設計のやり方、図面の描き方を大きく変える必要はありません。それに対して3D CADは、PCの中で部品を作成して組み立てるものになるので、従来の設計のやり方に+αが必要になるため、使うハードルが上がるのは確かです。

 しかし、これまでの連載で紹介してきたとおり、3D CADを用いた設計には、多くのメリットがあります。例えば、2次元のみで設計した場合、「部品が取り付けられない、ドライバーが入らない」「部品同士の干渉やクリアランス不足が発生してしまった」「機構が動作しない、動作中に干渉が起こってしまった」「外観、デザインを詰め切れなかった」「意図しないところに隙間が空いていた」「強度不足、質量オーバー」といった、コスト、納期、品質に直結するさまざまな問題に直面することがありますが、3D CADによる設計であれば、こうした課題や悩みを解消できます。ぜひ、この機会にモデリング力を身に付けて、新しい設計環境に移行しましょう! (次回に続く)

筆者プロフィール

小原照記(おばら てるき)

いわてデジタルエンジニア育成センターのセンター長、3次元設計能力検定協会の理事も務める。3D CADを中心とした講習会を小学生から大人まで幅広い世代の人に行い、3Dデータを活用できる人材を増やす活動をしている。また企業の困り事に対し、デジタルツールを使って支援している。人は宝、財産であると考え、時代に対応する、即戦力になれる人財、また、時代を創るプロフェッショナルな人財の育成を目指している。優秀な人財がいるところには、仕事が集まり、人が集まって、より魅力ある街になっていくと考えて地方でもできること、地方だからできることを考えて日々活動している。


関連キーワード

CAD | 3次元CAD(3D CAD) | 設計 | ものづくり


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.