ニュース
» 2019年12月04日 12時00分 公開

オートモーティブメルマガ 編集後記:大きいことはいいことだ、小さいこともいいことだ

小さいものにギュッと収める技術はときめきます。

[齊藤由希,MONOist]

 この記事は、2019年12月4日発行の「オートモーティブ メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


大きいことはいいことだ、小さいこともいいことだ

 皆さまは、東京モーターショーの会場にマツコ・デラックス氏が来ていたことをご存じでしょうか。深夜のテレビ番組で自動車メーカーのブースを回る様子を紹介していました。マツコ氏が一番興奮していたのは、軽自動車の広さです。「今の軽ってすごいのね、これで十分よ」としきりに盛り上がっていました。大きいことはいいことですが、工夫や苦労の上に作り上げられた小さいこともまた、いいことです。

 さて、個人的に小さいことはすごいことだと最近感じたのは、Appleのワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro」です。手元に来て1カ月がたちました。同社のワイヤレスイヤフォンとしては初めてノイズキャンセリング機能が付いたことが話題になりましたね。税別2万7800円という価格に気後れしながらも、割とアッサリ注文してしまいました。というのも、1年ほどノイズキャンセリングヘッドフォンのある生活をしてみて、いろいろなことが気になったので、イヤフォンでノイズキャンセリング対応のタイプを探していたのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.