ニュース
» 2019年12月05日 07時00分 公開

FAニュース:工場での5G活用実証へ、カメラやセンサーからリアルタイムでデータ収集

住友電工とソフトバンクは、工場における5G活用のための実証実験実施について合意した。5Gを活用して設備の稼働状況などに関する膨大なデータをリアルタイムに収集し、生産性と安全性の向上を目指す。

[MONOist]

 住友電気工業(住友電工)とソフトバンクは2019年11月12日、工場における5G(第5世代移動通信システム)活用のための実証実験実施について合意したと発表した。実証実験は、2020年3月に開始する予定だ。

 製造現場では近年、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)を活用し、あらゆる設備の稼働状況や作業者の行動をリアルタイムに把握する取り組みが活発化している。膨大なデータの収集にはカメラの映像データを活用するケースが増加しており、大容量、低遅延の無線通信が可能な5Gへの期待が高まっている。

 実証実験では、5Gを活用して住友電工の工場内に設置されたカメラやセンサーから、設備の稼働状況や作業者の動きなどのデータをリアルタイムに収集する。データはAIの分析により、稼働状況や作業者の行動などの変化や異常を自動検知する検証を行う。両社は実証実験を通じ、5Gを活用した工場の生産性や安全性を向上させるソリューションの構築を目指す。

photo 実証実験のイメージ(クリックで拡大) 出典:住友電気工業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.