ニュース
» 2019年12月06日 15時00分 公開

医療機器ニュース:血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出する技術を開発

東芝は、血液中のマイクロRNAを使った、簡便で高精度ながん検出技術を開発した。1滴の血液から、13種類のがんの患者と健常者を、99%の精度で2時間以内に網羅的に識別できる。

[MONOist]

 東芝は2019年11月25日、血液中のマイクロRNAを使った、簡便で高精度ながん検出技術を開発したと発表した。東京医科大学、国立がん研究センター研究所との共同研究による成果だ。

 近年、がんを検出する新しい診断マーカーとして、マイクロRNAへの期待が高まっている。マイクロRNAは、血液中に安定して存在している約2500種類の核酸分子だ。最近の研究で、血液中のマイクロRNAの種類と量を調べることで、さまざまながんを早期発見できる可能性があることが確認された。

 今回の研究では、マイクロRNAを電気化学的に検出する東芝の独自技術と、東京医科大学、国立がん研究センターのマイクロRNAに関する高度な医学的知見を融合した。これにより、13種類のがんの患者と健常者を、99%の精度で2時間以内に網羅的に識別できた。なお、この中には、がんによっては生存率が97%というステージ0の検体も含まれている。

 この成果は、13種類のがんのいずれかに罹患しているか否かを、簡便かつ高精度に検出するスクリーニング検査に適応できると考えられる。独自に開発したマイクロRNAチップと専用の小型検査装置を用いれば、検査時間が2時間以内に短縮し、即日検査が可能となる。

 東芝は、同技術を早期に社会実装できるよう、2020年から実証試験を進める。

photo マイクロRNA検出技術による検査フロー 出典:東芝
photo がん患者と健常者の血液中マイクロRNA測定結果 出典:東芝

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.