ニュース
» 2019年12月06日 12時00分 公開

FAメルマガ 編集後記:ロボットやAIは本当に「人と機械の関係」を変えるのか

技術、経済、文化、社会さまざまな条件が入り乱れています。

[三島一孝,MONOist]

 この記事は、2019年12月6日発行の「FA メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。

ロボットやAIは本当に「人と機械の関係」を変えるのか

 2019年11月27〜29日に東京ビッグサイトで開催されたIIFES2019に取材に伺いました。まだまだ記事を出し切れてはいない状況ですが、会場レポート記事については「IIFES2019特集」に掲載していきますので、ぜひご覧いただければと思います(※)

(※)「IIFES2019」特集ページ

 さて、今回のIIFESですが、取材をする中で、特に強く感じたのが「人と機械の協調」です。IIFESはもともと2017年まではシステムコントロールフェア(SCF)という名前で開催されていた隔年開催の展示会で以前は「制御と自動化」という要素が色濃く表れていました。どちらかというと「自動制御による無人化」というのが理想像として描かれていたように感じましたが、今回は「人と一緒に」というのが前面に出ていたのが特徴的だったと考えます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.