ニュース
» 2019年12月09日 10時00分 公開

産業用画像技術:分解能1nmで膜厚を測定できる、キヤノンITSがハイパースペクトル画像事業に注力 (1/2)

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、ハイパースペクトル画像処理ソフトウェアを手掛けるドイツのLuxFluxと販売代理店契約を締結したと発表した。2019年12月上旬から同社製品の国内販売を始める。販売開始から3年後となる2022年の売上高目標は1億円。

[朴尚洙,MONOist]

 キヤノンITソリューションズ(以下、キヤノンITS)は2019年12月9日、ハイパースペクトル画像処理ソフトウェアを手掛けるドイツのLuxFluxと販売代理店契約を締結したと発表した。同年12月上旬から同社製品の国内販売を始める。販売開始から3年後となる2022年の売上高目標は1億円。

 IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)への注目が集まる中、製造業のモノづくり現場向けにカメラで撮影した画像を用いた検査技術の開発が進んでいる。ここで言う“カメラ”は、単色のモノクロ画像や、RGBの3波長を用いたカラー画像を撮影するのが一般的だ。

 一方、キヤノンITSが新たに市場参入するハイパースペクトルイメージング(HSI)は、紫外領域から赤外領域にわたりRGBの3波長よりもはるかに多くの波長を用いて画像を撮影する技術である。HSIの画像データは、各波長で撮影した画像を1枚ずつ積層して立方体のようになるため「データキューブ」と呼ばれており、多くの情報を持っている。このため、モノクロやカラーのカメラでは判別できなかった異物や欠陥などを見いだすことが可能だ。

ハイパースペクトルイメージングの撮像技術 ハイパースペクトルイメージングの撮像技術(クリックで拡大) 出典:キヤノンITS
photophoto モノクロ画像とカラー画像の撮影(左)に対して、ハイパースペクトル画像は各波長で撮影した画像を1枚ずつ積層した「データキューブ」を作成する。方式は2つあり、コンベヤーなどで適用可能なラインプッシュブルーム方式と、産業用ロボットなどで用いるチューナブルフィルター方式がある(右)(クリックで拡大) 出典:キヤノンITS

 これまで、国内のHSI市場は大学や研究所での研究用途がほとんどを占めており、工場をはじめとする産業用途ではまだ利用が進んでいない。キヤノンITS エンジニアリングソリューション事業部 エンジニアリング技術第二本部 本部長の原木裕氏は「グローバルでは産業用途への適用が進むハイパースペクトルカメラの世界市場は年成長率は6%だが、国内市場はこれから産業用途での採用が進むこともあり年率20%で成長している。当社はこの成長市場に着目し、ハイパースペクトル画像処理ソフトウェアとして、競合他社にない特徴を多数持つLuxFluxの製品を販売することを決めた」と語る。

波長の干渉性を活用した厚みの測定も可能

 一般的に、ハイパースペクトル画像処理ソフトウェアでは、波長の透過吸収性を活用した素材の分類や定量化などを行うことが多い。例えば、地球観測、リモートセンシング、素材分類、品質管理などの用途だ。

ハイパースペクトル画像処理ソフトウェアの一般的な用途 ハイパースペクトル画像処理ソフトウェアの一般的な用途は波長の透過吸収性を活用した素材の分類や定量化だ(クリックで拡大) 出典:キヤノンITS
photophotophoto 波長の透過吸収性を活用した測定例。アボカドのあざ検出と分類(左)、ピーナッツの中身と殻の分類(中央)、PETリサイクルにおける異物混入検査(右)(クリックで拡大) 出典:キヤノンITS
photophotophoto 波長の透過吸収性を活用した測定例。錠剤の薬剤含有量の定量化(左)、牛ひき肉の貯蔵評価(中央)、FPD発色の発光品質評価(右)(クリックで拡大) 出典:キヤノンITS
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.