ニュース
» 2019年12月09日 07時00分 公開

FAニュース:複合加工機と組み合わせる次世代ロボットシステム、自動化システム構築を容易に

オークマは、次世代ロボットシステム「ARMROID」「STANDROID」の機能向上や他機種への展開について発表した。複合加工機との融合でワークの可搬重量や寸法が拡大し、周辺装置の機能拡張により、さらに自動化システムを構築しやすくなった。

[MONOist]

 オークマは2019年11月15日、次世代ロボットシステム「ARMROID」「STANDROID」の機能向上や他機種への展開について発表した。

 ARMROIDと複合加工機「MULTUS B250 II」を融合した「MULTUS B250 II ARMROID」は、ワーク可搬重量が10kgと従来機比の2倍になった。最大ワーク寸法はφ80×L480mmで、従来機よりも25%拡大している。約5時間自動で連続稼働が可能なワークストッカに対応し、φ150mm、厚み30mmのワークを50個ストックできる。フランジ形状ワークにも対応可能だ。

 STANDROIDは、各種立形マシニングセンタへの展開が進められた。立形マシニングセンタの「MB-56V」「GENOS M460-VE」「GENOS M560-V」に加え、旋削機能付きを含む同時5軸制御立形マシニングセンタ「MU-4000V」「MU-4000V-L」にも対応している。

 また、周辺装置の機能拡張により、表裏2工程の自動化に対応するワーク反転など、ユーザーの用途に合わせた自動化システムを構築しやすくなった。

 ロボット操作ツール「ROID Navi」は、工作機械と同じ感覚で使用できるため、周辺装置を組み合わせることで、ロボット動作が複雑になっても導入当日から容易に操作できる。同ツールは、専用のスキルがなくてもロボットプログラムを簡単に作成でき、急なワーク変更が生じても、すぐに自動連続運転のシステムを立ち上げられる。

photo 複合加工機「MULTUS B250 II ARMROID」(クリックで拡大) 出典:オークマ
photo 立形マシニングセンタ「GENOS M560-V STANDROID」(クリックで拡大) 出典:オークマ
photo 同時5軸制御立形マシニングセンタ「MU-4000V-L STANDROID」(クリックで拡大) 出典:オークマ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.