ニュース
» 2019年12月13日 15時00分 公開

医療機器ニュース:美しい歩行姿勢へ導く、歩行センシングインソールの先行予約販売を開始

FiNC TechnologiesとNECは、クラウドファンディングを利用し、ウェルネスソリューションを共同開発し、歩行センシングインソール、「A-RROWG」の先行予約販売を開始した。

[MONOist]

 FiNC Technologies(FiNC)とNECは2019年11月27日、マクアケが運営するクラウドファンディングサービス「Makuake」上で、ウェルネスソリューションを共同開発することを発表した。同日、歩容(歩行の質)を計測し、美しい歩行姿勢へ導く歩行センシングインソール「A-RROWG(アローグ)」の先行予約販売をMakuakeで開始した。

 A-RROWGは、NECの小型の歩行分析センサーを搭載した専用インソールと、歩行者の歩容状態をチェックしてアドバイスを行うスマホアプリから構成される。歩行分析実績から導き出された理想の歩行と最先端の歩容センシング技術、そしてNEC独自の歩容推定モデルを活用し、センサーが計測した歩行軌跡を基に、歩行速度、歩幅、接地角度、離地角度、足上げ高さ、外回し距離を取得して歩容を推定する。

 FiNCは、この推定結果からアプリ上で行われる歩行者に合わせた理想的な歩容のアドバイスやトレーニングメニューの監修を行う。

 今後は、個人ユーザーだけでなく、企業、病院、介護事業者、学校などの公共および法人顧客へも提供していく予定だ。

photo 「A-RROWG」と専用アプリ 出典:FiNC
photo 歩行分析センサーによる分析(クリックで拡大) 出典:FiNC
photo アプリの利用イメージ 出典:FiNC

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.