VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
特集
» 2019年12月13日 11時00分 公開

VRニュース:競合製品と同等の機能をより安価に、ノンプログラミングで簡単ARマニュアル作成 (1/2)

スマートスケープは、製造業や建設業におけるメンテナンス業務や教育などを支援するAR(拡張現実)マニュアル作成サービス「REFLEKT ONE」と、AR遠隔作業支援サービス「REFLEKT Remote」に関する体験会を開催した。

[八木沢篤,MONOist]

 スマートスケープは2019年12月12日、製造業や建設業におけるメンテナンス業務や教育などを支援するAR(拡張現実)マニュアル作成サービス「REFLEKT ONE」および、技術伝承などにも効果を発揮するAR遠隔作業支援サービス「REFLEKT Remote」に関する体験会を開催。iPadを用いたデモンストレーション環境を通じ、AR技術による各種業務支援を手軽に活用できる点をアピールした。

ARマニュアル作成サービス「REFLEKT ONE」の体験デモの様子 ARマニュアル作成サービス「REFLEKT ONE」の体験デモの様子[クリックで拡大]

 両サービスは、ドイツのRE'FLEKTが開発するもので、スマートスケープが国内代理店として取り扱う。REFLEKT Remoteを同年11月7日から、REFLEKT ONEを同年11月27日から販売開始しており、製造業や建設業を中心に既に引き合いも多くあるという。

ARマニュアルをノンプログラミングで、PoCや個別カスタマイズにも対応

「REFLEKT ONE」の画面イメージ 「REFLEKT ONE」の画面イメージ[クリックで拡大]

 REFLEKT ONEは、3D CADなどで設計した3DデータをARモデルに変換し、作業手順や説明文、アニメーション(アクション)などとひも付けてARコンテンツ化できるクラウドサービスである。専用ツールにより、ノンプログラミングでARマニュアルを作成でき、従来の平面認識やマーカーからの呼び出しだけではなく、実物を認識してARモデルを重ね合わせて作成したコンテンツを表示することも可能だ。

 また、多くの3Dデータ形式をサポートし、主要な3D CADデータ、STEPやIGESに代表される業界標準の中間ファイル形式、3D PDFなどにも対応する。

ARマニュアル作成ツールの画面イメージ ARマニュアル作成ツールの画面イメージ[クリックで拡大]

 REFLEKT ONEで作成できるマニュアルは、「2Dドキュメントマニュアル」「3Dパーツ説明マニュアル」「3Dアニメーションマニュアル」の3つ。2Dドキュメントマニュアルは3Dモデルを使用せず、文字や画像などを中心に作成する通常の電子マニュアルである。3Dパーツ説明マニュアルは3Dモデルと連携し、指定したパーツなどを説明するドキュメント(2Dドキュメントマニュアル)を表示可能。3Dアニメーションマニュアルは、アニメーション付きの3Dモデルと説明文で、作業手順をステップごとにビジュアル表示するもので、メンテナンスマニュアルや操作マニュアルなどに適している。

 「AR技術を活用したマニュアル作成や業務支援を行うソリューションが市場にいくつか存在しているが、REFLEKT ONEはそうしたものと同等レベルの機能を備えつつ、安価に導入できる点がポイントだ」(同社)という。

デモ1デモ2 「REFLEKT ONE」の画面イメージ。(左)パーツを抜き出して詳細を確認することも可能/(右)アニメーション付きで細かな作業手順を確認できる[クリックで拡大]

 なお、ARコンテンツを表示するためのビュワーは、iOS/iPadOSおよびAndroid OS搭載のスマートデバイスの他、Windows 10搭載PC、HoloLens/HoloLens 2などに対応する。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.