2019 国際ロボット展 特集
ニュース
» 2019年12月16日 07時00分 公開

FAニュース:防じん、防滴仕様の人協働ロボットを発売、可搬質量20kgで最大リーチ1700mm

安川電機は、人協働ロボットの新製品「MOTOMAN-HC20DT防じん・防滴仕様」を発売した。ちりやほこり、液体の混入などが想定される過酷な環境へ対応しながら、可搬質量を20kgに向上させた。

[MONOist]

 安川電機は2019年11月25日、人協働ロボットの新製品「MOTOMAN-HC20DT防じん・防滴仕様」を発売した。最大リーチは1700mmで、価格はオープンだ。

 MOTOMAN-HC20DTは、ちりやほこり、液体の混入などが想定される過酷な環境へ対応しながら、可搬質量を20kgに向上。重さ10kgを超えるような大型ワークを取り扱う工程や小型ワークの複数同時搬送などに対応する。

 防じん、防滴保護等級は、全軸でIEC規格のIP67。表面塗装はアクリルウレタン塗装、先端フランジの材質はステンレスを採用し、衛生面への配慮から水洗が必要な用途でも使用できる。

 ロボット先端部に配置したコネクターによりツールを直接取り付けられるため、セットアップ時間を短縮。ロボット内蔵ケーブルは、ロボット先端へのカメラ搭載などに便利なETHERNET用ケーブル内蔵タイプを用意した。「HC10DT防じん・防滴仕様」と同様に、小型コントローラー「YRC1000micro」で動作する。

 同社の人協働ロボット「MOTOMAN-HC」シリーズの機能を踏襲し、外部からあらかじめ設定した制限値を超える力を検出すると自動で停止する人協働モードを搭載。安全柵の設置が不要となっている。また、アーム同士を離すことで隙間を確保する挟み込み防止の形状となっており、生産設備の自由度を向上した。

 プログラミングペンダントを使用した従来のティーチング方法に加え、「ダイレクトティーチング機能」を搭載。直接手でロボットアームをつかんで自由に操作し、任意の動作を教示できる。また、直感的な操作でロボットへ動作指示ができるため、ロボット操作に不慣れなユーザーや頻繁にティーチングが必要となる工程へ容易にロボットを導入できる。

photo 「MOTOMAN-HC20DT防じん・防滴仕様」 出典:安川電機
photo 安全運転、安心設計 出典:安川電機
photo 簡単な操作出典:安川電機

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.