ニュース
» 2019年12月17日 08時00分 公開

IoTセキュリティ:次世代IoT事業の創出に向けて協業、DNPとArm

大日本印刷とArmは、次世代のIoT事業創出に向けて協業する。協業の手始めとして、大日本印刷のエッジデバイス向け組み込み型セキュアエレメントと、ArmのIoTクラウドサービスを組み合わせたサービスを、機器メーカー向けに開発する。

[MONOist]

 大日本印刷(DNP)は2019年11月29日、次世代のIoT(モノのインターネット)事業創出に向け、Armとの協業を発表した。同年12月に、エッジコンピューティング技術とIoTクラウドサービスを連携させるプロジェクトを開始する。

 両社は協業の手始めとして、大日本印刷のエッジデバイス向け組み込み型セキュアエレメント(eSE:embedded Secure Element)と、ArmのIoTクラウドサービス「Pelion IoT Platform」を組み合わせたIoTサービスを、機器メーカー向けに開発する。

photo 協業により提供するIoTサービスの概要 出典:大日本印刷

 このサービスにより、エッジデバイスの基板に直接実装したeSEの中に、IDや暗号鍵、証明書などの重要な情報を保存して、安全に管理できる。また、eSEとPelion IoT Platformを相互認証させることで、効率的に各エッジデバイスの管理やデータの引き出しができる。

photo eSEのイメージ。左:TSSOP形状、右:プラグインSIM形状 出典:大日本印刷

 大日本印刷は、2019年度末までに、Armと共同開発したプロトタイプによるコンセプト実証を実施する。さらに、同実証を踏まえて2020年度からサービスや製品の販売を開始し、2021〜23年度の3年間で累計売上高10億円を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.