ニュース
» 2019年12月18日 09時00分 公開

製造IT導入事例:3DEXPERIENCEプラットフォームの活用により、高性能航空機開発を効率化

Dassault Systemesは、同社の「3DEXPERIENCEプラットフォーム」をロッキード・マーティンが採用している事例について発表した。ロッキード・マーティンは、同プラットフォームの活用により、高性能航空機の開発効率化や納期短縮を図る。

[MONOist]

 Dassault Systemes(ダッソー)は2019年11月27日、同社の「3DEXPERIENCEプラットフォーム」をロッキード・マーティンが採用している事例について発表した。

 ロッキード・マーティンは、3DEXPERIENCEプラットフォームをエンジニアリングと製造のプランニングツールとして展開している。次世代の航空機やヘリコプターを開発するにあたり、ダッソーとの数年来の連携を生かして、設計から製造までのプロセスをデジタルの流れとしてつなぐ「デジタルスレッド」を構築する。

 3DEXPERIENCEプラットフォームは、3D設計ソフトウェア、3Dデジタルモックアップ、PLMソリューションにも対応することから、ロッキード・マーティンでは、航空事業やロータリーミッションシステム事業においても同プラットフォームをベースにしたインダストリーソリューションエクスペリエンスを活用している。これにより、高性能航空機の開発プログラムを効率的に実行し、実機納品までの期間を短縮する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.