ニュース
» 2019年12月19日 07時30分 公開

製造マネジメントニュース:いすゞがUDを買収、ボルボグループとの戦略的提携の第1弾で

いすゞ自動車は2019年12月18日、商用車を手がけるボルボグループ(Aktiebolaget Volvo)と戦略的提携に向けて覚書を締結すると発表した。コネクテッド化、自動運転、電動化など先進分野での技術的な協力体制の構築、日本およびアジアを中心とした海外市場での大型トラック事業の強化、物流革命に向けた中・小型トラックでの幅広い協業について検討する。

[齊藤由希,MONOist]

 いすゞ自動車は2019年12月18日、商用車を手がけるボルボグループ(Aktiebolaget Volvo)と戦略的提携に向けて覚書を締結すると発表した。コネクテッド化、自動運転、電動化など先進分野での技術的な協力体制の構築、日本およびアジアを中心とした海外市場での大型トラック事業の強化、物流革命に向けた中・小型トラックでの幅広い協業について検討する。

 また、戦略的提携の第1弾として、ボルボグループ傘下のUDトラックスをいすゞ自動車が買収する。日本とアジア地域での事業を強固にする目的だ。買収手続きは2020年末までに完了することを目指す。UDトラックスの企業価値は現時点で2500億円と見積もっているが、譲渡価格はデューデリジェンスを経て決める。

 商用車も、乗用車と同じくコネクテッド化や自動運転、電動化への対応が急務となっている。自動運転技術のように乗用車よりも商用車で普及が先行するとみられている分野があるだけでなく、物流業界の課題解決という商用車メーカーに特有の取り組みもある。ただ、乗用車と比べて台数規模が小さいため、商用車メーカー各社の開発コストの負担が大きい。こうした環境を受けて、日野自動車はVolkswagenグループの商用車ブランドを統括するTRATONと提携。いすゞ自動車も、ボルボグループやUDトラックスと協力する。

 いすゞ自動車は「このような課題を共有した両社は、対等かつ良好な関係を構築し、それぞれが得意とする商品や展開地域を相互に補完しながら、商用車業界に新たな価値を生み出していくための最適なパートナーであるという認識が一致し、長期的な協業機会について検討していくこととした」とコメントを発表した。

 UDトラックスは、自動運転車の開発において、ドライバーが運転席に座っていることが必須になるレベル3の重要度は低いと判断し、レベル4以上に注力している。すでにレベル4の自動運転システムを搭載した大型トラックを試作し、公道での実証実験を行っている。2020年までに特定用途での実用化を目指し、2030年に完全自動運転トラックを量産する計画だ。また、ボルボグループではUDトラックス以外のブランドも自動運転トラックの実証を進めており、鉱山でトラックの販売ではなく輸送のソリューションを提供する事業にも取り組んでいるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.