ニュース
» 2019年12月20日 08時30分 公開

車載ソフトウェア:テスラ「モデル3」のベンチマークデータ/モデルの販売を開始

SOLIZEグループは、テスラが製造する電気自動車(EV)「モデル3」を対象にしたベンチマークデータおよびベンチマークモデルの国内販売を開始した。

[MONOist]

 SOLIZEグループ(SOLIZE)は2019年11月29日、電気自動車(EV)や自動運転の制御系領域を強化し、日本におけるベンチマークデータおよびベンチマークモデルの提供サービスを開始すると発表した。その第1弾として、テスラ(Tesla)が製造するEV「モデル3」を対象にした、ベンチマークデータとベンチマークモデルを発売した。

 モデル3対象のベンチマークデータは、フランスのベンチャー企業ADACCESSが提供する。ADACCESSは、特定EV車両を分解し、測定箇所の判断とセンサーの提案・据え付けをしている。100以上のセンサーや、部品を車両に再アセンブリできるハードウェア技術を持ち、路上およびテストコース、ベンチでの走行テストからデータを取得している。

 ベンチマークモデルは、フランスのSHERPA Engineeringが提供する。同社は、モデリング、シミュレーション、制御設計をコアビジネスにするエンジニアリングサービス企業。シミュレーション用のベンチマークモデル開発に強みを持つ。

 SOLIZEは、これら2社と連携して今後対応車種を拡充し、特定EV車両のエネルギーマネジメントに関するベンチマークデータおよびサーマルマネジメントのシミュレーションプラットフォームを提供していく。自動車メーカーや部品メーカーは、走行条件の違いによる性能評価など、動的特性を評価するベンチマークモデルやデータを低コストかつ迅速に入手可能になるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.