ニュース
» 2019年12月23日 09時00分 公開

製造ITニュース:IoTデータ管理向け分散データベースを機能強化

東芝デジタルソリューションズは、少数のサーバ台数でペタバイト級データを管理できる技術を搭載した、ビッグデータ向け分散データベースの機能強化版「GridDB v4.3」の提供を開始した。

[MONOist]

 東芝デジタルソリューションズは2019年12月3日、ビッグデータ、IoT(モノのインターネット)データ向け分散データベースの機能強化版「GridDB v4.3」の提供を開始した。少数のサーバ台数でペタバイト級データを管理できる技術を搭載している。

 最新版では内部のデータ管理構造を最適化し、リソース使用量を大幅に削減。これにより、1サーバ当たりのデータベースの最大サイズを増加させた。併せて、データベースのバッファ制御機能やクラスタ内のデータ配置機能を強化した。複合索引などの機能も強化したことで、大規模データに対する処理能力が向上している。

 これらの機能強化により、要件に応じてスケールアウトとスケールアップを組み合わせ、少数のサーバ台数でもペタバイト級のデータをミリ秒オーダーで処理可能になった。

photo 構成例(クリックで拡大) 出典:東芝デジタルソリューションズ

 同社では、今後もIoTやビッグデータによるデジタルトランスフォーメーションを支えるデータベースとして、GridDBの機能強化を図るとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.