ニュース
» 2019年12月23日 07時00分 公開

FAニュース:3つの頭脳で設備をスマート化する製品群のラインアップを強化

ジェイテクトは、設備をスマート化する「TOYOPUC-Nano」シリーズのラインアップを強化し、2020年1月より販売を開始する。CPUモジュール、安全マスター、エッジコンピュータの3つを一体化し、スマート化する。

[MONOist]

 ジェイテクトは2019年11月26日、設備をスマート化する「TOYOPUC-Nano」シリーズのラインアップを強化し、2020年1月より販売を開始すると発表した。CPUモジュール、安全マスター、エッジコンピュータの3つを一体化し、スマート化する。

 TOYOPUC-Nanoシリーズは、「JTEKT IoE Solution」を支える製品となり、CPUモジュール「TOYOPUC-Nano 10GX」、安全マスター「TOYOPUC-Nano Safety」、エッジコンピュータ「TOYOPUC-Nano AAA」の3製品を展開する。TOYOPUC-Nano 10GXは10万4000円、TOYOPUC-Nano Safetyは10万円、TOYOPUC-Nano AAAは20万円。年間1200台の販売目標を掲げる。

 TOYOPUC-Nano 10GXは、従来機種と互換性を保ちつつ、従来比で35%省スペース化し、6倍の高速処理ができる。一般制御信号、安全制御信号、ビッグデータは、共通プラットホームによってシームレスに接続可能。設備のスマート化に不可欠なネットワークも充実している。

 TOYOPUC-Nano Safetyは、新安全通信を採用。一般I/O混在により省配線化しているほか、安全にさまざまな機器と接続でき、大規模な安全制御が容易にできる。

 TOYOPUC-Nano AAAは、人や設備に一番近い環境でデータを蓄積・解析するエッジコンピューティングによって通信負荷を軽減し、リアルタイムで解析できる。また、PLCへの搭載により、トレサビ情報などをネットワークレスで転送できる。

photo 「TOYOPUC-Nano」シリーズの特長 出典:ジェイテクト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.