ニュース
» 2019年12月25日 07時00分 公開

FAニュース:信号灯に10秒で取り付け可能、稼働監視機能を付加できる無線IoTセンサー

コンテックは、積層信号灯に後付けして稼働監視機能を付加できる無線IoTセンサー「CPS-PAV」シリーズの受注を開始した。計測機となる子機は信号灯に配線なしで容易に取り付けられ、設定画面で子機IDを選択するだけで、すぐに監視を開始できる。

[MONOist]

 コンテックは2019年11月26日、積層信号灯に後付けして稼働監視機能を付加できる無線IoT(モノのインターネット)センサー「CPS-PAV」シリーズの受注を開始した。価格は、親機用セット「CPS-PAV-AES1-JP」が6万4000円、子機の「CPS-PAV-AE01-JP」が3万6000円となっている(いずれも税別)。

 CPS-PAV-AES1-JPは、親機となる同社の産業用IoTソリューション「CONPROSYS」本体(別売)に挿して使用する専用SDカードとEnOcean規格のUSB受信機、そして子機(積層信号灯計測機)で構成される親機用セットだ。

 全ての設定と操作がWebブラウザで完結でき、専用ソフトウェアなしでモニタリングが開始できる。モニタリング画面はアンドンや時系列グラフ、設備マップの表示形式が用意されている。設定画面で子機IDを選択するだけで、子機が登録でき、親機1台に対して最大16台の子機を接続可能。異常が発生した場合は、最大10カ所にメールでリアルタイム通知できる。

 CPS-PAV-AE01-JPは、子機のみの製品となる。既設の積層信号灯に10秒程度で取り付けられ、最大5段に対応する。パトライト製の積層信号灯には専用リング(φ40、50、60、70)で取り付け可能だ。省電力無線のEnOcean規格を採用しており、太陽電池で動作するため、配線の必要がない。日中や照明の下では太陽電池のみで稼働する。また、IP65準拠で使用温度範囲−20〜+60℃と、高い耐環境性能を備えている。

photo 別売りの「CONPROSYS」本体(クリックで拡大) 出典:コンテック
photo 積層信号灯に子機「CPS-PAV-AE01-JP」を装着した状態 出典:コンテック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.