ニュース
» 2019年12月26日 09時00分 公開

製造IT導入事例:航空機メーカーの製造プロセス支援ソリューションを設計

富士通とSAPジャパンは、川崎重工業の航空機設計、製造プロセスの効率化を支援するソリューション「SAP S/4HANA Manufacturing for Production Engineering and Operations」を設計した。紙文書と業務プロセスを電子化し、業務を効率化する。

[MONOist]

 富士通とSAPジャパンは2019年12月5日、川崎重工業航空宇宙システムカンパニーの航空機設計、製造プロセスの効率化を支援するソリューション「SAP S/4HANA Manufacturing for Production Engineering and Operations」を設計したと発表した。紙文書と業務プロセスの電子化により、トレーサビリティを詳細化し、業務を効率化する。本稼働は2020年7月を予定する。

 SAP S/4HANA Manufacturing for Production Engineering and Operationsは、「SAP S/4HANA」の拡張生産管理だ。航空宇宙産業など、大規模かつ複雑な組み立て製造業で必要とされる設計BOM(部品表や部品構成表)と製造BOMのシームレスな連携機能を持つ。

 航空機機体の設計BOMと製造BOMを一元管理し、設計時の変更情報を設計BOMから製造BOMへスムーズに反映する。これにより、急な設計変更が発生した場合でも製造現場へ正確に要求を伝達でき、製造開始の遅延や手戻りを防止する。

 また、製造現場での作業を細かいレベルまで管理できるため、各工程の作業時間や使用した部材などの製造記など実績情報を詳細に収集できる。

 これらの実績情報と製造BOMや作業手順などの指示情報との相互参照により、トレーサビリティを詳細化。同時に膨大な部品に関する製造情報を電子化し、業務の効率化と顧客からの情報開示要求への迅速な対応による信頼性向上につなげる。

 さらに、製造現場の作業担当者が行う作業情報の確認や作業記録を入力するタブレット端末向け画面に、富士通は独自のUXデザインアプローチを活用したアドオン機能を開発。また、作業計画者向けに作業員ごとの複数パターンの作業計画を効率的に立案する機能など、川崎重工の生産ノウハウを活用したアドオン機能も開発した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.