ニュース
» 2019年12月26日 06時30分 公開

安全システム:ステレオカメラ単独でACCと交差点AEBを実現、日立オートモーティブが開発

日立オートモティブシステムズは2019年12月25日、遠方検知と交差点における衝突被害軽減ブレーキ(AEB:Automatic Emergency Braking)を単独で実現するステレオカメラを開発したと発表した。

[松本貴志,MONOist]

 日立オートモティブシステムズは2019年12月25日、遠方検知と交差点における衝突被害軽減ブレーキ(AEB:Automatic Emergency Braking)を単独で実現するステレオカメラを開発したと発表した。ミリ波レーダーの搭載やイメージセンサーの大幅な高画素化を必要とせず、アダプティブクルーズコントロール(ACC)機能にも対応する。

従来ステレオカメラと同製品の比較(クリックで拡大) 出典:日立オートモティブシステムズ

 交差点におけるAEBをステレオカメラで実現するには、広い水平画角が必要となる。加えて、ACC機能で求められる遠方先行車の検知を実現するには、イメージセンサーの高画素化や遠方検知用レーダーなど複数センサーを組み合わせることが必要だった。

 同製品は広い視野角を持つカメラを、視野範囲を一部ずらすように設置したことが特徴だ。従来方式のステレオカメラから約3倍の広画角化を実現し、交差点右左折時のAEBを可能とした。左右カメラの視野範囲が重複している領域では両眼視差による物体検知と、視野範囲が重複していない領域では時系列画像処理による物体検知と、異なる手法をシームレスに組み合わせた。同手法は日立製作所 研究開発グループと共同で開発した。

 また、あらかじめ機械学習で識別パターンを記憶させることで、高精度に歩行者や自転車を検知し測距することが可能となった。これにより、ステレオカメラ単体の最小構成で交差点における安全運転支援を実現する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.