ニュース
» 2019年12月27日 09時00分 公開

製造IT導入事例:製薬メーカーがクラウド調達購買プラットフォームを採用

SAPジャパンは、同社のクラウド調達購買プラットフォーム「SAP Ariba」を第一三共が採用したと発表した。間接材支出の取引情報などを網羅的に管理、蓄積することで可視化し、コストの最適化とコンプライアンスの向上を図る。

[MONOist]

 SAPジャパンは2019年12月4日、第一三共が、同社のクラウド調達購買プラットフォーム「SAP Ariba」を採用したと発表した。

 SAP Aribaにより、全ての間接材支出を対象に取引情報やデータを網羅的に管理、蓄積し、検証や活用可能な状態を維持する。これにより、データおよびプロセスを可視化し、コストの最適化とコンプライアンスの向上を図る。

 SAP Aribaは、企業がより効率的にコスト管理できるよう支援するソリューションだ。直接資材や間接資材、サービスなどの調達、購買のプロセスを管理。企業の間接材費用管理について、プロセスの最大効率化、法順守、取引のスピードの加速や効果の最大化を支援する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.