ニュース
» 2019年12月27日 07時30分 公開

3Dプリンタニュース:複数の機能を持つパーツを一体造形できる技術で、ロボット部品の製造変革を

Booleanは、東大発ベンチャーのNature Architectsと事業提携し、3Dプリンティング/アディティブマニュファクチャリングと、DFM(Direct Functional Modeling)を組み合わせたモノづくりプロセスの構築支援を開始すると発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 3Dプリンタ活用のコンサルティングなどを手掛けるBooleanは2019年12月24日、東大発ベンチャーのNature Architectsと事業提携し、3Dプリンティング/アディティブマニュファクチャリングと、DFM(Direct Functional Modeling)を組み合わせたモノづくりプロセスの構築支援を開始すると発表した。

 まずは、ロボットアームなどの先端に取り付けるエンドエフェクタの設計/製造自由度の向上や、協働ロボットに求められるパーツ軽量化などに取り組むという。

3DプリンティングとDFMを用いて製作したエンドエフェクターの稼働モデル 3DプリンティングとDFMを用いて製作したエンドエフェクターの稼働モデル

 DFMとは、Nature Architectsが開発する設計技術で、パーツごとにさまざまな機能要件が求められるプロダクトを、複数の部材に分けることなく一体でデザインし、出力するもの。Nature Architectsが独自に蓄積した構造ライブラリ「CRUST」を活用することで、複雑な造形物に対して直観的に機能を割り当て、その結果を一体の造形物として出力できる。

 今回の事業提携では、Booleanの強みであるDfAM(Design for Additive Manufacturing)に関する体系的な知見とネットワーク、そして、Nature ArchitectsのDFMを組み合わせることで、3Dプリンティングにしか実現できないさまざまな機能部材の製造およびそのプロセスの提供を行うとする。既に、福岡県内の製造企業とロボットを題材とした共同開発が進行中だという。

 両社は、3DプリンティングとDFMの可能性について、既存の製造プロセスを大きく変革するものだとし、今回の事業提携を皮切りに、ユーザビリティの向上やナレッジの蓄積を進め、迅速な世界展開を目指すとしている。

※2020年1月9日:記載内容の一部に誤りがございました。お詫びして訂正いたします。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.