ニュース
» 2020年01月09日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:NTTとMicrosoft、新たなデジタルソリューションで戦略的提携

Microsoftと日本電信電話は、ユーザーのデジタルトランスフォーメーションを推進する新たなデジタルソリューションの提供に向けた戦略的提携に合意した。ICTインフラやクラウド、AIなど両社の強みを融合させる。

[MONOist]

 Microsoftと日本電信電話(NTT)は2019年12月10日、ユーザーのデジタルトランスフォーメーションを推進する新たなデジタルソリューションの提供に向けた、複数年にわたる戦略的提携に合意したと発表した。

photo 左から、マイクロソフト CEOのサティア・ナデラ氏、NTT 代表取締役社長の澤田純氏 出典:日本マイクロソフト

 今回の提携により、NTTが持つICTインフラ、マネージドサービス、サイバーセキュリティの専門知識と、マイクロソフトのクラウドプラットフォームやAI(人工知能)技術を融合させる。これにより、グローバルデジタルファブリックの構築、「Microsoft Azure」上での企業向けデジタルソリューションの開発、オールフォトニクスネットワークおよびデジタルツインコンピューティング分野での次世代技術の共創などに取り組む。

 グローバルデジタルファブリックでは、マイクロソフトのクラウドとNTTのグローバルなICTインフラなどを組み合わせる。生産性向上ソリューションやパブリッククラウド、データセンター、ネットワークなど、両社の強みを掛け合わせ持続可能でセキュアなデジタル環境を構築する。

 また、Microsoft Azureを活用し、エッジからクラウドまでセキュアな運用を実現するためのソリューションを開発する。これにより、脅威情報の高度な分析、AIベースのデジタルアシスタントを備えたソーシャルロボティクス、デジタルワークプレイスソリューション、ナレッジマネジメントなどの実現を目指す。

 次世代技術の共創では、NTTが提唱する「IOWN(Innovative Optical and Wireless Network)」構想の実現に向け、オールフォトニクスネットワークやデジタルツインコンピューティングの研究開発で連携する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.