ニュース
» 2020年01月10日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:先端内径150μm、詰まりの低減と精密な3Dプリントを両立するヘッドノズル

テクダイヤは、従来より精密な造形を可能にするFDM方式の3Dプリンタ用ヘッドノズルを発表した。素材に熱伝導率の高い真ちゅうを使い、内部に段差のないテーパー形状を適用することで、材料詰まりの低減と精密な3Dプリンティングの両立が可能となった。

[MONOist]

 テクダイヤは2019年12月23日、従来より精密な造形を可能にするFDM(熱溶解積層)方式の3Dプリンタ用ヘッドノズルを発表した。

新開発のヘッドノズル 新開発のヘッドノズル(クリックで拡大) 出典:テクダイヤ

 3Dプリンタ用ヘッドノズルは、先端の内径が小さいほど精巧なプリントができる。ノズルに材料を詰まらせることなくプリント可能な先端内径は、これまで200μmが最小だったが、造形物の精度に限界があった。

 同社は素材に熱伝導率の高い真ちゅうを使い、中心がずれない小径穴あけや、内部に段差のないテーパー形状を適用することで、先端内径150μmのヘッドノズルの開発に成功。ヘッドを切り替えるだけで、材料詰まりの低減と精密な3Dプリンティングの両立が可能になり、手持ちのプリンタの造形パフォーマンスを高められる。

左:従来品、右:テクダイヤ製 左:従来品、右:テクダイヤ製(クリックで拡大) 出典:テクダイヤ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.