ニュース
» 2020年01月14日 08時00分 公開

人工知能ニュース:国内のAI市場、2023年度に640億円規模へ

アイ・ティ・アールは、国内のAI市場調査レポート「ITR Market View:AI市場2019」を発表した。2018年度のAI主要6市場の売上金額は199億5000万円で、前年度と比べて53.5%増加した。2023年度には640億円に達すると予測している。

[MONOist]

 アイ・ティ・アール(ITR)は2019年12月19日、国内のAI(人工知能)市場に関する調査レポート「ITR Market View:AI市場2019」を発表した。画像認識、音声認識、音声合成、言語解析、検索・探索、翻訳のAI主要6市場を対象に、国内33ベンダーへの調査に基づく2017〜2018年度売り上げ実績と、2023年度までの売り上げ予測を掲載している。

キャプション AI主要6市場規模推移および予測(2017〜2023年度) 出典:アイ・ティ・アール

 2018年度のAI主要6市場の売上金額は199億5000万円で、前年度と比べて53.5%増加した。どの市場も技術的な進歩に加え、製品やサービスと組み合わせたソリューションが拡大したことで、用途の多様化が進んだことが要因と考えられる。

 中でも画像認識市場は、2018年度に最も高い伸びを示した。画像認識は、製品の外観検査や作業員の安全管理業務をはじめ、最近では道路や橋などの社会インフラ、建造物の保全業務でも活用されている。今後は、顔認証や車両の自動運転においても導入が見込まれる。

 画像認識に次ぐ伸び率を示すのは、言語解析だ。現在はコールセンターでの活用が中心だが、今後、幅広い分野へ導入が進むと予想している。

 これら6市場は今後も成長を続け、年平均成長率は2018〜2023年度で26.5%、2023年度には640億円に達すると予測している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.