オートモーティブワールド 特集
ニュース
» 2020年01月20日 07時30分 公開

オートモーティブワールド2020:欧州自動車メーカーで採用進むバイオプラスチック、日本向けの提案を強化

堀正工業は「オートモーティブワールド2020」(2020年1月15〜17日、東京ビッグサイト)において、欧州で実績のあるバイオプラスチックの自動車用途での活用を訴えた。

[三島一孝,MONOist]

 堀正工業は「オートモーティブワールド2020」(2020年1月15〜17日、東京ビッグサイト)において、欧州で実績のあるバイオプラスチックの自動車用途での活用を訴えた。

photo 堀正工業がオランダのHEMPFLAXのアジア総代理店として展開している、HEMPの不織布。この素材をバイオプラスチックとして加工し自動車用途で提案している(クリックで拡大)

日本でもバイオプラスチックの普及拡大を目指す

 堀正工業はもともとは高性能ベアリングなどの総合商社だったが地球温暖化やエネルギー問題などの「環境配慮」が世界の潮流となる中でこれらに適合するビジネスに取り組む。その1つとして、オランダのHEMPFLAXと協業し、バイオプラスチックの展開を開始した。

 HEMPFLAXは、オランダとルーマニアに2500ヘクタールの自社農場を持ち、年間1万トン以上のHEMP(麻)とFLAX(亜麻)の栽培と加工を行っている農業企業である。堀正工業はこのHEMPFLAXの日本およびアジア圏の総販売代理店となっている。

 既に欧州ではHEMPFLAXの麻や亜麻を原材料としたバイオプラスチックが自動車メーカーに採用されている。具体的には「BMW i3」や「BMW 5シリーズ」のドアパネルなどに採用されているという。

photo BMW 5シリーズのドアパネルに採用されているバイオプラスチック型のサンプル(クリックで拡大)

 日本ではまだ実績はないものの「既に欧州自動車メーカーではいくつか実績があることから、日本でも同様の動きは強まってくると見ている。日本と欧州では要求仕様が異なっているために、これらの仕様を詰め最適なパフォーマンスが出せるかどうか検証を進めている。SDGs(持続可能な開発目標)など環境配慮は世界的に大きな潮流となっており、こうした要求は今後さらに高まってくる」(説明員)としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.