まとめ
» 2020年01月20日 12時00分 公開

電子ブックレット(オートモーティブ):WP29 自動車サイバーセキュリティ最新動向

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、国連で自動車関連のRegulationsを扱うWorld Forum for the harmonization of vehicle regulations(WP.29)において議論されている自動車セキュリティの最新動向をまとめた「WP29 自動車サイバーセキュリティ最新動向」をお送りします。

[MONOist]

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、国連で自動車関連のRegulationsを扱うWorld Forum for the harmonization of vehicle regulations(WP.29)において議論されている自動車セキュリティの最新動向をまとめた「WP29 自動車サイバーセキュリティ最新動向」をお送りします。をお送りします。

WP29 自動車サイバーセキュリティ最新動向

ダウンロードはこちらから

自動車のサイバーセキュリティに関する議論が活発となる中、国連では自動車関連のRegulations(規則)を扱う“World Forum for the harmonization of vehicle regulations(WP.29)”において、2018年11月にCyber Security(CS)対策に関するRegulation案と、セキュリティ対策を考慮したSoftware Updates(SU)に関するRegulation案が公開された。その後、当局の関係者や自動車メーカーによるテストフェーズや議論を経て、2019年9月に改訂案が公開された。現在も、採択に向けた作業が進められている。本連載では、2019年9月の改訂案をベースに、自動車メーカーやサプライヤーに課されるサイバーセキュリティやソフトウェアアップデートのポイントを解説する。

ダウンロードはこちらから

【主な内容】

  • 自動車メーカーとサプライヤーはどう連携してセキュリティに取り組むべきか
  • 自動車メーカーに選ばれるのは、セキュリティを理解したサプライヤーだ
  • 出荷後の車両や部品の脆弱性に、あなたの会社はどう行動すべきか
  • 普及進む車両のソフトウェアOTA、セキュリティで何を求められるか

・ブックレットは無料でお読みいただけますが、TechFactoryの利用登録および、メールマガジンの購読が必要です。
・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.