デジタルツインを実現するCAEの真価
ニュース
» 2020年01月21日 06時00分 公開

VRニュース:パナソニックが自動車HMI設計にVRシミュレーターを活用、仕様変更件数を3割削減 (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

ゴーグル型とオープン型、2つのVRシミュレーター

 開発したVRシミュレーターは2種類ある。1つは、VRヘッドセットを用いるゴーグル型VRシミュレーターだ。ゴーグル型では、将来的な導入が見込まれている23.4インチクラスの大型ディスプレイを使用したUIや、HUD(ヘッドアップディスプレイ)を含めて3つのディスプレイを組み合わせたUIなどの検討や検証を、車室内空間に没入する形で行える。自動車の運転時に求められるより広い視野を再現できるように、独自に開発した広視野角のVRヘッドセットを採用している。

ゴーグル型VRシミュレーターゴーグル型VRシミュレーター ゴーグル型VRシミュレーターを使って23.4インチクラスの大型ディスプレイのUIを確認する様子(左)。VRヘッドセットは、独自開発の広視野角のものを採用している(クリックで拡大)

 もう1つは、VRヘッドセットを使わず、壁面に映像を投影するオープン型VRシミュレーターである。パナソニックの高性能/高輝度プロジェクターを投影面1面当たり1台用いて高解像の映像を投影し(最大5面まで)、車室外の環境と車室内空間をシームレスに再現できる。ゴーグル型VRシミュレーターがUIの検討/検証に用いるのに対して、オープン型VRシミュレーターはインテリアやHMIなどを含めたコックピット全体のUXの検討/検証が主な用途となる。

オープン型VRシミュレーターオープン型VRシミュレーター オープン型VRシミュレーターを利用する様子。インテリアやHMIなどを含めたコックピット全体のUXの検討/検証が主な用途になる(クリックで拡大)

 オープン型VRシミュレーターでは、人の位置を認識することで、車両のドアを開けて車室内に入ったり、運転席から後席に移動して車室内の状態を確認したりできる。人の位置の認識は「HTC Vive」のトラッカーを用いる他、パナソニック製の4Kカメラを使って手の動きまで検知可能なモーションセンシングも利用できるようになっている。遠藤氏は「このオープン型VRシミュレーターは、今までにないものになっているだろう」と強調する。

オープン型VRシミュレーターオープン型VRシミュレーター モーションセンシングを使ってオープン型VRシミュレーターを利用する様子。ステアリングの位置に右手を置くとHMIが起動したり、運転席から左手をかざすとドアが開いたりする(クリックで拡大)

顧客である自動車メーカーの満足度を高める効果も

 これらVRシミュレーターは、HMIの設計開発の上流工程でできるだけ問題を洗い出して仕様を確定し、これまで開発の終盤で頻発していた仕様変更の発生を抑えることにある。VRシミュレーターを用いた実際のHMIの設計開発では、仕様変更件数の総数を約30%削減することができた。また、「従来は開発が間に合わずリリースできない機能などもあったが、VRシミュレーターで事前検証することによりリリースまでに盛り込めるようになった。そういった意味で、顧客である自動車メーカーの満足度を高める効果もある」(遠藤氏)という。

VRシミュレーターの導入効果 VRシミュレーターの導入効果(クリックで拡大) 出典:パナソニック

 スズキとの事例では、HMI開発に用いていたオープン型VRシミュレーターを「東京モーターショー2019」の展示に活用できないかという相談があり、コンセプトカー「WAKUWAKUスイッチ」の展示に技術を提供したという。この他にも、オープン型VRシミュ―レーターの没入感の高さを活用できる事例として、キャラクターと一緒の空間にいられるサイネージや、オフィスや住宅など居室空間内のインテリアコーディネート体験などもある。

スズキの「東京モーターショー2019」の展示にも採用された スズキの「東京モーターショー2019」の展示にも採用された(クリックで拡大) 出典:パナソニック

 遠藤氏は「今後はドライバーのいる前席と後席という車室空間を、人と街の変化に合わせてアップデートできるようにしていきたい。従来のクルマでは、購入後に保有を続ける約10年の間はUIやUXが変わらないのが当たり前だった。VRシミュレーターを活用することで、そういったデバイス売りの考え方から脱却し、ユーザーがワクワクする製品やサービスを提供していきたい」と述べている。

アップデートできる製品やサービスの開発につなげていく アップデートできる製品やサービスの開発につなげていく(クリックで拡大) 出典:パナソニック
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.