ニュース
» 2020年01月22日 08時00分 公開

人工知能ニュース:エッジAIアルゴリズムに特化した研究開発チームを設立

エイシングは、エッジAIアルゴリズムに特化した研究開発を推進する専門チーム「Algorithm Development Group」を設立した。開発体制と投資を強化することで、顧客の先進的なニーズに対応した新たなアルゴリズムの創出を目指す。

[MONOist]

 エイシングは2020年1月7日、エッジAI(人工知能)アルゴリズムに特化した研究開発を推進する専門チーム「Algorithm Development Group(ADG)」を設立したと発表した。開発体制と投資を強化することで、顧客の先進的なニーズに対応した新たなアルゴリズムの創出を目指す。

 エッジAIの領域では、AIを組み込むコンピュータのスペックに応じた、軽量、高速、高精度なアルゴリズムを必要としている。同社が提供している「AiiR(AI in Real-time)」シリーズは、クラウドを介することなくエッジ側でリアルタイムな自律学習と予測が可能だ。代表的なアルゴリズム「DBT(Deep Binary Tree)」として、高速処理を得意とする「DBT-HS(High Speed)」と、高精度の予測が可能な「DBT-HQ(High Quality)」の2種類を用意している。

 今回、ADGの設立により、同社の持つ組み込み技術を生かしたエッジAIアルゴリズムの研究開発を強化し、商用化への投資を進めることで、エッジAIによる第4次産業革命を加速させる狙いだ。

 また、人材育成への投資も強化する。AIアルゴリズムの開発には、高度な構造化思考やプログラミング能力といった技術力、エッジデバイスにおけるコンピュータリソースの制約をクリアできる専門性も必要となるため、開発者の育成にも力を入れる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.