ニュース
» 2020年01月27日 08時00分 公開

人工知能ニュース:物体や音声を高度に認識、処理性能2.3TOPSのNPUを統合したプロセッサ

NXP Semiconductorsは、NPUを統合したアプリケーションプロセッサ「i.MX 8M Plus」を発表した。産業用マシンビジョン、ロボティクス、ハンドジェスチャー向けの人間や物体認識、自然言語処理を使った感情検出が可能になる。

[MONOist]

 NXP Semiconductorsは2020年1月7日、産業やIoT(モノのインターネット)での機械学習や推論向けのニューラルプロセッシングユニット(NPU)を統合したアプリケーションプロセッサ「i.MX 8M Plus」を発表した。エッジデバイスは人間の介入がなくても学習と推論が可能になり、ローカルでインテリジェントな意思決定ができる。現在、サンプルを供給中だ。

キャプション 「i.MX 8M Plus」利用イメージ 出典:NXP Semiconductors

 i.MX 8M Plusは、2.3TOPS(Tera Operations Per Second)のNPUと、動作周波数最大2GHzの4コアArm Cortex-A53、800MHzのCortex-M7を組み合わせている。また、音声、自然言語処理向けHiFi 4 DSP、デュアルカメラ対応イメージシグナルプロセッサ(ISP)、グラフィックスレンダリング向け3D GPUも搭載。開発時は、NPUへ機械学習推論機能をオフロードできる。

 確実な有線ネットワークの接続と処理のために、Time-Sensitive Networking(TSN)対応のギガビットイーサネットを統合。専用の「Plus Power Management Solutions PMIC(PCA9450C)」も提供する。

 さらに、内蔵メモリとDDRインタフェース向けError Correction Code(ECC)を搭載。−40〜+105℃の産業用温度範囲と100%電源オンに対応する予定で、15年間の長期製品保証プログラムの対象とする。

 14nm LPC FinFETプロセスをベースに、マルチオブジェクト識別、英単語4万語強のスピーチ認識、医療用画像処理など、高度で複雑なニューラルネットワークを同時に複数実行できる。公共安全、産業用マシンビジョン、ロボティクス、ハンドジェスチャー向けの人間や物体認識のほか、人間とデバイス間インタラクション向けの自然言語処理を使った感情検出が可能になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.