ニュース
» 2020年01月27日 15時00分 公開

医療機器ニュース:脳動脈治療に用いる袋状塞栓デバイスの製造販売承認を取得

テルモは、脳動脈瘤の血管内治療に使用する袋状の塞栓デバイス「Woven EndoBridgeデバイス」の製造販売承認を取得した。袋状の塞栓デバイスの承認は日本初となる。

[MONOist]

 テルモは2020年1月8日、脳動脈瘤の治療に使用する袋状の塞栓デバイス「Woven EndoBridgeデバイス(W-EB)」が、製造販売承認を取得したと発表した。承認日は2019年12月26日。袋状の塞栓デバイスの承認は日本初となる。保険収載後、2020年度の販売開始を予定している。

キャプション 袋状塞栓デバイス「Woven EndoBridgeデバイス(W-EB)」 出典:テルモ

 W-EBは、脳動脈瘤の血管内治療に使用する機器で、ニッケルチタン製の形状記憶合金が細かい網目の袋状となっている。従来のコイル塞栓術などでは困難だった瘤(こぶ)を安全、効果的に治療することを目指して開発された。

 カテーテルにより脳の患部まで到達させた後、瘤の中で袋を広げて血液の流入を防ぐ。既にアメリカと欧州で発売されており、世界で約1万例の使用実績がある。

キャプション W-EB留置イメージ 出典:テルモ

 日本での適応範囲は、血管分岐部に存在し、瘤の入口が広い(ワイドネック型)症例で、外科手術が難しい脳動脈瘤となる。同デバイスを留置用カテーテルに挿入してから抜去するまでの時間は平均20.9分で、複数本のコイルやアシストステントを必要とする従来の方法よりも、短時間の治療となることが期待される。

 W-EBは、同社から操作方法などの説明を受け、使用経験のある医師のサポートのもとで複数症例を実施した医師のみが使用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.