VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2020年01月28日 13時00分 公開

VRニュース:マルチプラットフォーム向け統合開発環境を学べる企業向け公式教育施設

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、公式教育施設「Unityトレーニングセンター 品川」を開設した。企業を主な対象とし、マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」の各種トレーニングを実施する。

[MONOist]

 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは2020年1月15日、マルチプラットフォーム向けの統合開発環境「Unity」の公式教育施設「Unityトレーニングセンター 品川」を開設したと発表した。企業を主な対象とし、日本語によるUnity公式トレーニングワークショップなどの拡充を図る。

「Unityトレーニングセンター 品川」 「Unityトレーニングセンター 品川」(クリックで拡大) 出典:ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン

 これまでは自社のオフィスや受講者の指定場所で、企業向けのUnity公式トレーニングワークショップを開催してきた。しかし、Unityの利用用途は広がりつつあり、拡大する教育ニーズに対応するため、公式の教育施設を新たに開設。これにより、各種トレーニングの機会を増やしていく。

 例えば、受講可能なワークショップとして、建築設計、エンジニアリング、建設業従事者などを対象にした「3Dインタラクティブ開発入門」を提供する。Unityを使用し、ホームセンターのWebサイトで見られる小規模なキッチンコンフィギュレーターなどを作成する方法を学ぶ。

 また、自動車業界のアーティストやデザイナーを対象にした「自動車デザインビジュアライゼーションの概要」では、UnityエディターとPiXYZワークフローについて集中的に学ぶことができる。

 同センターは、東京都港区の品川イーストワンタワー内に設置。ワークショップの情報や申し込み、問い合わせなどは同社のHPから行える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.